セラミドの効果が凄い!

皆さんはセラミドという成分をご存知でしょうか?

どちらかと言えば、ヒアルロン酸の方が化粧品などでも大きく取り上げられており、知っている人も多いかと思います。

セラミドは乾燥肌に効果があると言われている成分で、化粧水などに配合されている成分なのです。

また、セラミドは肌への高い保湿効果もあり、乾燥から守るためにも必要不可欠な成分となっています。

そこで今回は、セラミドの効果ついて詳しく説明していきますので、是非参考にしてみて下さい。

セラミドの効果とは

セラミドは年齢と共に減少していきますが、環境の変化も影響するのが特徴です。

ここではより詳しいセラミドの効果について説明していきます。

肌のバリア機能

セラミドには肌のバリア機能を助ける役割があります。

また、セラミドが肌にあることによって、肌のうるおいを保つことができていますので、セラミドが不足してカサカサ肌にならないようにしておきましょう。

コラーゲンの安定

セラミドを定期的に体内に摂取することで、肌の水分を保つことができるため、コラーゲンが安定するようになります。

またセラミドには、美白効果もあると言われているので、肌のメンテナンスにはおすすめです。

アトピー皮膚炎

アトピー皮膚炎によって肌がカサつき悩んでいる人もいるかと思いますが、セラミドはそんな肌のカサつきにも効果があります。

このようなアトピー皮膚炎の人は、肌のバリア機能が低下していることが原因で起こることが多いので、保湿効果のあるセラミドを使用することで肌のバリア機能を正常化することができます。

乾燥肌をそのままにしてしまうと、抗原が肌の内部に侵入し、かゆみや炎症などの肌トラブルに繋がってしまいますので、セラミドなどの保湿効果のある成分を含むアイテムで保湿すると良いでしょう。

セラミドとヒアルロン酸に違いはある?

上記で述べたようにセラミドには、肌を乾燥から守る効果がありますが、ヒアルロン酸にも保湿効果があることで有名であり、その違いはあるのか疑問に思ってしまいますよね。

セラミドは皮膚の角質層にありますが、ヒアルロン酸の場合は、その奥の真皮と呼ばれる層に存在しており、肌の保水をする効果があります。

そのため、セラミドもヒアルロン酸も肌を保湿するためには、どちらも重要な成分で、角質層や真皮でそれぞれ保湿することで肌にうるおいを保つことができるようになるので、乾燥肌の方はこの2つを中心に化粧品も選ばれることをおすすめします。

また、どちらの成分も年齢と共に減少し、40歳になる頃には体内のセラミドとヒアルロン酸は約50%になってしまうので、アンチエイジングにもとても大切な成分となっているのです。

よってセラミドとヒアルロン酸が減少することで、肌のハリもなくなり、たるみやシワができるようになってしまいますので、注意しておきましょう。

>低分子ヒアルロン酸の効果を確認する

セラミド商品の選び方は?

市販で販売されているセラミドはさまざまな化粧品に多く使われていますが、美容効果のあるセラミドはサプリメントも販売されています。

そのため、肌のセラミドが不足したときには、セラミド配合の化粧品を使用することで不足したセラミドを補うことができます。

しかし、何を基準に選べばいいのか分からないこともあるかと思いますので、セラミド商品の選び方をお教え致します。

セラミド商品は習慣的に使う日用品で選ぶ

そもそもセラミドは肌の角質層にあるので、毎日のスキンケアで使用する化粧水で選ぶのがおすすめです。

さらにセラミドをナノ化させたものであれば、肌の隅々までセラミドを浸透させることができるのでセラミド商品を選ぶときにはそのポイントも重要視して選ぶようにしておきましょう

配合密度の高いサプリメントで選ぶ

サプリメントの場合は、セラミドが高濃度で配合されているものを定期的に摂取するのが大切です。

このようにサプリメントで身体の内側からセラミドの量を増やすことで、体内で生産されるセラミドも増える効果があります。

よってセラミドを配合している化粧品やサプリメントも自分に合った続けやすいものを見付けることが重要です。

まとめ

セラミドはヒアルロン酸と似た効果がありますが、どちらも肌の環境を整えるためには必要な成分です。

そのため、セラミドやヒアルロン酸をバランス良く体内に摂取することがおすすめです。

年齢と共に肌にハリがなくなり、乾燥しやすくなった人は、セラミドが不足している可能性もあるため、定期的にセラミドを摂取するようにしましょう。

セラミドを含む化粧品などで効率良くセラミドを補うことで、肌にハリやツヤを取り戻すことができます。