低分子ヒアルロン酸(Low molecular hyaluronic acid)の特徴とは

低分子ヒアルロン酸とは何かと思う人もいるかと思いますが、鶏のとさかや食べ物に含まれる高分子ヒアルロン酸を分子化し、粒子を小さくした成分のことです。

高分子ヒアルロン酸は保水力が高いのが特徴ですが、粒子が大きいため、体内に吸収されにくくなっていますが、低分子ヒアルロン酸であれば粒子が小さいので体内に吸収されやすい特徴があるのです。

しかし、低分子ヒアルロン酸には体内で分解されやすい特徴もあるため、こまめに摂取することが必要となります。

また体内に吸収されやすい低分子ヒアルロン酸は化粧水などのスキンケアなどに含まれており、美肌効果の高い成分と言われています。

そこで今回は、低分子ヒアルロン酸について、効果や副作用などを徹底解説していきますので、参考にしてみて下さい。

低分子ヒアルロン酸の凄い効果

美容効果の高い低分子ヒアルロン酸の効果は主に3つあります。

  • 肌の老化防止
  • 肌荒れ防止
  • 身体の傷みの緩和

老化防止

体内のヒアルロン酸は年齢と共に減少し、ヒアルロン酸が不足することによって肌の保水力が無くなり、しわやたるみの原因に繋がってしまうのが特徴です。

そのため、アンチエイジングと老化防止のためにも低分子ヒアルロン酸は重要です。

肌荒れ防止

低分子ヒアルロン酸を配合しているスキンケア用品は、肌に吸収されやすいため、肌荒れ防止と保湿にも最適です。

身体の傷みの緩和

体内のヒアルロン酸が不足すると、関節のクッションの代わりをしているヒアルロン酸も減少してしまいます。

関節のヒアルロン酸は、軟骨の弾力を良くする効果があるので、身体の傷みの緩和に最適です。

>低分子ヒアルロン酸の効果について詳しく確認する

低分子ヒアルロン酸には副作用の危険性はない!?

ヒアルロン酸はもともと体内にあるものですので、副作用の心配はありません。

また低分子ヒアルロン酸は主に化粧品などに含まれていますが、膝の関節に直接ヒアルロン酸を注射するときには少し注意が必要となります。

直接膝に注射するので副作用などの心配はありませんが、高分子ヒアルロン酸を注射するため、注射のハリも太めになり痛みがでてしまうのです。

コラーゲンを摂取する際にはアレルギーの心配もありますが、アミノ酸の場合には、グルクロン酸とアセチルグルコサミンが結合しあってできた糖ですので、純粋なヒアルロン酸を使用していればアレルギーを引き起こすこともないでしょう。

ヒアルロン酸の目安摂取量

ヒアルロン酸の1日の推薦摂取量は特に定められていませんが、摂取量は低分子ヒアルロン酸のように吸収されやすいもので60~120mg、吸収されにくい高分子ヒアルロン酸で250~400mgの摂取が必要だと言われています。

しかしこれは食事からではなく、サプリメントで摂取する際の数値となります。

低分子ヒアルロン酸の市販代表商品はどれ?

低分子ヒアルロン酸の商品が欲しい人もいるかと思いますが、今では市販の形状はサプリメントや化粧水などがあり、形状は商品によって色々あります。

そのため自分の続けやすい低分子ヒアルロン酸商品を見付けることがおすすめです。

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみに効くことで有名で、女性に大人気の肌ケアクリームとなっています。

ピーチローズのヒアルロン酸は、低分子ヒアルロン酸や高分子ヒアルロン酸の両方が配合されているため、その分肌への浸透力は高いのが特徴です。

よって、お尻以外にも乾燥が気になるところがあれば、一度チェックしてみると良いでしょう。

>ピーチローズの口コミを確認する

ヒアルロン美潤

ヒアルロン美潤は、低分子ヒアルロン酸サプリメントで約16万にもの愛用者がいる人気の商品です。

このサプリメントを摂取するだけで、1日にヒアルロン酸を約440mgも摂取することができます。

天然成分にこだわって作られているため、安心して毎日摂取することができるのも魅力のひとつです。

うるおうヒアルロン酸

うるおうヒアルロン酸は、食べ物や飲み物に混ぜて摂取することのできるのがポイントです。

そのため、色々なサプリメントを試したけど続かなかった人にもおすすめの商品です。

また、吸収しやすいコラーゲンペプチドも配合されているので、肌荒れ防止などにも効果を期待することができます。

肌のハリがなくなり、たるみが気になる人も是非試してほしい低分子ヒアルロン酸商品です。

このように低分子ヒアルロン酸は美容に欠かせない成分となっており、肌の健康をサポートする効果が高いと言われています。

市販の商品にも色々な形状のものがありますので、続けやすいものを見付け、低分子ヒアルロン酸で体内のメンテナンスを行うことも重要です。