化粧品にも配合されているアルブチン(Arbutin)とは?

化粧品にも配合されているアブルチンは、美白成分で肌のシミやくすみに効果があります。

そんなアルブチンは、リンゴベリー(コケモモ)にも含まれている成分です。

美白成分と聞くと皮膚科でも使用されているハイドロキノンのイメージがある人もいらっしゃるかと思いますが、ハイドロキノンの場合は美白効果が高い分、肌への刺激が強くなります。

しかし、アブルチンは肌への刺激が少ないため妊婦さんでも使用することのできる美白成分になります。

このアブルチンの詳しい効果や副作用の危険性について、徹底解説致しますので分からないことがある人は是非参考にしてみて下さい。

アルブチンの種類

化粧品にも使用されることの多いアルブチンは、2種類あることをご存知でしょうか?

アブルチンの種類には、αアルブチンとβアルブチンあり、αアルブチンは開発されたもので、天然のβアルブチンよりも効果が高いのに低刺激なのが特徴です。

では、そんな2種類のアルブチンについて説明致します。

αアルブチン

αアルブチンは、梨やコケモモなどに含まれており、ハイドロキノンにブドウ糖を結合させて開発された成分になります。

そのため、ハイドロキノンの刺激を抑え、βアルブチンの約10倍も美白効果が高いと言われています。

化粧品にはβアルブチンが配合されていることが多いのですが、最近では化粧品に配合されているアブルチンは、αアルブチンが多くなってきています。

βアルブチン

βアルブチンは、つつじ科のハーブの天然植物の成分です。

αアルブチンよりも親和性が低いため、効果は劣るようになりますが、同じ美白効果のある成分です。

この2種類のアブルチンがありますが、効果の高いαアルブチンを選ぶことが最適です。

>アルブチンの効果を確認する

αアルブチンは開発された成分ですが、安全性も確立されていますので、心配はいりません。

アルブチンに副作用の危険性はある?

アブルチンの配合されている化粧品を使用する場合、毎日使用するものなので副作用の危険性がないか心配になりますよね。

しかし、アブルチンは厚生労働省でも認証されている成分なので、安全性が高く安心して使用することができます。

そのため、副作用の心配をする人も多いですが、副作用の危険性はありません。

アルブチンは、天然由来か合成由来のどちらかですが、合成由来のアブルチンも元は天然成分になりますので、副作用の心配はないです。

中にはアブルチンの美白効果が肌に合わないという人もいますので、使用する前に事前にパッチテストなどを使用することで、肌質に合うかどうかを判断すると良いでしょう。

アブルチンを使用している代表商品

肌のシミが気になるから、アルブチンの配合されているものを使用したい
という人のためにもアブルチンを配合された代表商品をご紹介致します。

DHC薬用エイジアホワイトローション

大手メーカーのDHCは、多くの人がご存知かと思いますが、DHC薬用エイジアホワイトローションには美白成分のアブルチンを配合した化粧品になります。

また、保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸も豊富に配合しているので、肌に潤いを与えることができます。

このようにアブルチンでシミやくすみを解消し、潤いを与えることで美肌効果を期待することができます。

ピーチローズ

ピーチローズは、お尻のケア用品ですが、低刺激なので身体全体に使用することができます。

さらに、アルコールや着色料を使用していませんので、無添処方で副作用の心配もありません。

そのため、敏感肌でなかなか肌のシミやくすみを解消することのできる商品を使用するこができない人におすすめです。

>ピーチローズの口コミを確認する

サエルホワイトニングローション

サエルホワイトニングローションは、薬用美白化粧水で、香料やアルコールを使用せずに作られていますので、敏感肌の人も使用することができます。

アルブチンやセラミドナノスフィアを配合しており、肌のシミやそばかすに有効です。

高浸透なので、乾燥しやすい肌をしっかりと保湿することができ、乾燥から肌を守ります。

まとめ

アブルチンを含む商品は、さまざまなものが販売されており、市販の形状も自分の使いやすいものを選ぶことが最適です。

クリームやジェルタイプのものであれば、外出先でも肌のケアをサっとすることができます。

また、「アブルチンは刺激が強そうで…」という人でも、ハイドロキノンのように刺激が強くないので、多くの人に愛用しても頂くことができますので、是非1度アブルチン配合の商品をお試しください。

逆にハイドロキノンが肌に合わず、困っている人も低刺激なアブルチンの方を毎日の肌ケアで使用するようにしましょう。

どうしても不安な場合には、上記で述べたように事前にパッチテストをして、顔やお尻などに使用するのが最適です。