美白効果の高いアルブチンとは

アルブチンという成分を聞いたことがある人も多いかと思いますが、アルブチンは厚生労働省で美白成分として承認されている成分です。

そのため、大手化粧品にも含まれている成分で、多くの人から注目を集めています。

>アルブチンとは?

皮膚科で使用されるハイドロキノンは、アルブチンと同じ美白成分で効果も高いのですが、その分肌への負担が大きいと言われています。

しかし、アルブチンは肌への刺激が少ないので、敏感肌の人でも使用しやすく安全性が高いのです。

アルブチンの美白効果について詳しく説明していきますので、アルブチンを含む化粧品を購入しようと思っている人は参考にしてみて下さい。

アルブチンはどう黒ずみに効果がある?

アルブチンは、肌の黒ずみやシミなどの原因となるメラニンを抑制する働きがあるため、肌の黒ずみに効く成分です。

また、チロシナーゼとチロシンが結合するのを阻害し、メラニンの発生を予防することができますので、シミや黒ずみの予防に繋がります。

肌にシミができた部分は、メラニンがさらに生成されやすい状態になるため、そのまま放置しているとシミが濃くなることもあります。

そんな既にできてしまったシミにも、メラニンの生成を抑え、それ以上黒ならないようにする効果がありますので、肌のシミ予防にはアルブチンがおすすめです。

アルブチンの効果をよりアップする方法

アルブチンの効果をより高める方法は、知らない人も多いかと思います。

アルブチンは、ビタミンCと一緒に使用することで効果が高くなり、肌にシミや黒ずみができるのを予防しやすくなります。

ビタミンCにもアルブチンと同じ、メラニンの生成を抑える作用がある上に、肌のターンオーバーを正常化することができます。

そのため、肌に溜まった古い角質を除去し、新しい肌に生まれ変わることができますので、肌のくすみの改善になるのです。

アルブチンの効果を最大限得るにはビタミンCも必要

化粧品もアルブチンとビタミンCが一緒に含まれているものを選ぶのが最適です。

今では多くの化粧品にアルブチンとビタミンCが配合されていますので、購入する際には成分表を事前に確認しておきましょう。

アルブチンの効能とハイドロキノンとの違い

美白成分であるアルブチンの効能は、肌のシミや黒ずみの予防することができる美白効果です。

肌のターンオーバー機能によって、メラニン色素は肌から押し出されますが、年齢と共にターンオーバーの機能も低下します。

よって、肌にシミやくすみができやすくなりますが、アルブチンを使うことで、メラニンを作るチロシナーゼを抑制し、美白の優れた効能を実感することができます。

そんなアルブチンは、aアルブチンとbアルブチンの2種類があり、美白効果を高めるように開発されたaアルブチンは、天然由来のbアルブチンよりも美白効果が高くなっています。

アルブチンの効能を早く実感したいという人は、より美白効果の高いaアルブチンを配合している化粧品を使用することがベストです。

アルブチンとハイドロキノンの違い

ハイドロキノンは、既にできたシミやくすみを改善するのに効果を期待することができますが、肌への刺激が強いため、肌に合わない人も多いかと思います。

しかし、アルブチンはハイドロキノンにブドウ糖を加えることで、刺激を抑えることができ、安全性が高い美白成分になっています。

また、低刺激なアルブチンは、肌全体に使用することが可能なのが特徴ですが、即効性はありませんので、続けて使用することが大切になります。

シミやくすみの改善を早くしたいのであればハイドロキノンが最適ですが、刺激が強いため、シミがある部分にしか使用することはできません。

このようにアルブチンとハイドロキノンは、効果が同じでも使い方や肌への刺激が変わってきます。

毎日使用するものは、安全性の高い方が良いという人であれば、妊婦さんでも使用することのできるアルブチンを選ぶと良いでしょう。

まとめ

アルブチンには、即効性はありませんが、毎日使用することで肌にシミやくすみができるのを予防することができます。

また、低刺激なので毎日の使用も安心して使うことができるのが魅力のひとつです。

そのため、年齢と共に肌のターンオーバー機能が低下し、シミやくすみができてきたという人はアルブチンを配合している化粧品を購入してみましょう。

中には効果が実感できないという人もいるかもしれませんが、毎日使用し続けることで効果を実感することができますので、気長に肌のケアをすることが大事なポイントです。