使用箇所が幅広いピューレパールとは

ピューレパールは、脇の黒ずみをケアできるジェルで多くの人から注目を集めている商品です。

「ワキの黒ずみにしか効果がないの?」という声をたまに目にすることがありますが、ピューレパールは敏感肌の人も使用できるようになっており、デリケートな箇所にも使用することができます。

>ピューレパールの副作用について確認する

そのため、使用箇所は全身使用することが可能なのもピューレパールの魅力のひとつです。

ピューレパールの使用箇所はどこ?

ピューレパールは敏感肌や乾燥肌の人にも使用できるように、低刺激となっています。

よって、デリケートなお尻、Vゾーン、バストトップなどにも使用することができ、全身の肌ケアをしっかりと行うことができます。

初めてピューレパールを購入した人は、特に使用箇所が決まっていないため、使用箇所に悩むこともあるかと思います。

そこで、使用箇所について紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

陰部

美白効果のあるピューレパールは、ワキだけではなく、デリケートゾーンである陰部の色素沈着にも効果があると言われています。

デリケートな陰部のケアを行うには、低刺激のピューレパールだからこそ毎日ケアすることができます。

陰部の黒ずみは、下着やナプキンの摩擦によって起こり、女性の多くが黒ずみで悩んでいます。

場所が場所だけに人に相談しにくいですが、ピューレパールであれば頑固な黒ずみにも効果が高いので、夏に向けてケアをするのがおすすめです。

お尻

お尻は身体の中でもデリケートな部分で、古い角質が溜まりやすいため、くすみや黒ずみが起こりやすいのが特徴です。

全身に使用することができるピューレパールは、もちろんお尻のケアにも最適です。

お尻の黒ずみは、温泉やプールに行くときには意外と見られることが多いため、きちんとケアすることでターンオーバーが正常化し、黒ずみを解消していくことができます。

>家庭で出来るお尻の黒ずみの治し方について確認する

バストトップ

ピューレパールは、ワキ、陰部、お尻以外にも、バストトップのケアに使用する人が多く、ちくびの黒ずみ解消に役立ちます。

産後の授乳によってちくびが黒くなった人や生まれつきちくびの黒ずみが気になる人も多いかと思います。

そんなバストトップの黒ずみケアにも安心して使用できるのがピューレパールです。

ピューレパールの満足度は、約89%もあり、@コスメでは1位をとったこともある黒ずみケアアイテムで、デリケートゾーンのケアに悩んでいる人は、ピューレパールの口コミで使用箇所の効果などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ピューレパールの正しい使い方!

ピューレパールの使用箇所については、デリケートな部分にも使用できるのが分かって頂けたでしょうか?

また、ピューレパールの効果をより高めるためには、正しい使い方を知っておくことがおすすめです。

間違った使い方で、効果を半減させないためにも、正しい使い方を把握しておきましょう。

効果の高い使い方とは

デリケートな陰部にピューレパールを使用するときにも、必ず手は清潔な状態にしておきましょう。

使用するタイミングは、お風呂上がりの毛穴が開いているときに塗り込むことで浸透性が良くなります。

また、お風呂で身体の汚れを落とすことで、ピューレパールの効果も高くなり、効率良く黒ずみを解消していくことができます。

使用箇所は人によって異なりますが、大体10円玉ほどの量を手に取り、使用箇所に優しく塗りましょう。

塗るときに、円を描くようにクルクルとマッサージすると、血行もよくなるのでおすすめです。

使用タイミング

タイミングは上記で述べたようにお風呂上がりに行うのがおすすめですが、ピューレパールは着替えのときにも使用することができるので、忙しい朝にもサっと塗ることができます。

お尻やワキなどの使用箇所によっては、朝と夜の2回使用するのも最適ですので、使用するタイミングは自分で調節しましょう。

まとめ

ピューレパールは、肌に優しい成分で作られているので、敏感肌の人も使用することができ、多くの人に愛用してもらえることができます。

そのため、デリケートはワキ、お尻、バストトップなどにも積極的に使用することが可能です。

使用箇所によっては、古い角質が溜まり効果が実感できないということもあるかもしれませんが、そんなときには重曹を少し混ぜてマッサージをすると角質を除去することができますので、マッサージ後1分放置して洗い流しましょう。

しかし、重曹を混ぜての角質ケアは、毎日していると肌への負担になりますので、様子を見ながら行うと良いでしょう。