膝の黒ずみは早めに対処しておこう!

膝の周辺が黒ずんで茶色くなると、女性の場合、スカートを履いても膝の黒ずみが目立ってしまいますよね。

膝は、動くたびに皮膚が伸縮するので、年齢とともに黒ずみができやすい場所となっています。

さらに、紫外線ダメージを受けると、顔のシミと同じように膝にも黒ずみの原因となるメラニンが生成されるため、注意が必要です。

膝は特に暑い季節になると、性別問わず露出する箇所となっていますので、治しにくい黒ずみは早めの対処をしておきましょう。

なぜ膝に黒ずみができるの?

上記の通り、膝は伸縮する場所なので黒ずみができやすいという特徴があります。

しかし、普段の生活によって膝に黒ずみができる原因を作ってしまっている可能性もあるので、自分にも思い当たる点はないか以下の原因を確認しておきましょう。

衣類による摩擦

膝に限らず、黒ずみが発生する原因は、衣類による摩擦が大きく関係しています。

特に膝の場合は、きついパンツを履くことの多い人であれば、それが膝に黒ずみを発生させてしまっている原因かもしれません。

足を組む

仕事中や座ったときに足を組む癖がついてしまっている女性は多いかと思います。

「足を組むだけで膝に黒ずみができるの?」と疑問に思うかもしれませんが、足を組む際に片方の膝に足が乗るため、皮膚に負担がかかり黒ずみができてしまうのです。

皮膚の乾燥

肌は乾燥すると、摩擦や圧迫によるダメージを受けやすくなるため、黒ずみができやすい状態になります。

また、膝は汗腺が少ない部分なので余計に乾燥しやすく、乾燥することで肌のバリア機能が低下し、黒ずみが発生してしまいます。

膝の黒ずみに最適な対処法とは?

膝にできた黒ずみを対処するために、肌を再生するには約1ヶ月の期間がかかります。

そのため、膝の黒ずみに気付いたら早めに対処して、美白・保湿ケアを行うことが重要です。

膝を綺麗に洗う

膝の黒ずみをケアするためには、まず優しく膝を洗うことが大切です。

また、角質の取り除けるクリームを使用すると、肌のターンオーバーを早めて、効率良く黒ずみを除去することができるのでおすすめです。

美白クリーム

最近では、身体全身に使用できる美白クリームが多く販売されていますが、美白クリームは、膝の黒ずみの除去にも効果的です。

ピーリングやスクラブなどで角質を落とすだけでは、皮膚の奥の黒ずみを解消するのにも時間がかかるため、美白クリームを使用して肌の奥の黒ずみにアプローチしてあげると良いでしょう。

また、美白クリームはお尻の黒ずみケアにも使用できる、低刺激のものを選ぶことをおすすめします。

→1001. 黒ずみケア商品で人気の総合ランキングを確認する

しっかりと保湿

多くの人が行っている顔のスキンケアでも保湿がとても重要になりますが、膝の黒ずみケアにも乾燥によるダメージを軽減するために、保湿を行っておくことが大切です。

保湿することで、紫外線ダメージを抑えて、黒ずみが発生するのを予防することができます。

色素沈着による黒ずみを予防する方法とは?

そもそも黒ずみは、メラニンが発生し、色素沈着が起こることで発生する症状です。

>黒ずみとメラニンの関係性について確認する

そのため、黒ずみを起こさないためには、色素沈着を予防することが最も重要なポイントになります。

特に膝は乾燥しやすくダメージを受けやすいので、刺激を与えないためにも保湿をすることが大切です。

刺激の発生を抑えて、保湿ケアを行うことでメラニンの発生を予防し、黒ずみの対策にも繋がります。

色素沈着を予防には、以下の対策方法を試してみるのもおすすめです。

  • 柔軟化粧水で肌を柔らかくする
  • ピーリングで角質の除去
  • ワセリンで肌の保湿

このように膝に出来る黒ずみは、対処するために原因を知り、予防しておくことが大切になってきますので、日頃から顔と同じようにしっかりとスキンケアをしておきましょう。