肘の黒ずみは解消できる!

肘に黒ずみができてしまうと、半袖の服を着るのも嫌になってしまいますよね。

見られると恥ずかしい肘の黒ずみは、メラニンが生成されることで発生するのが特徴です。

肘の黒ずみはエステでもケアを行うことができますが、費用も高くなるので、自宅でできる肘の黒ずみ対処法についてこれから詳しく紹介します。

> エステで行われる黒ずみに対する施術内容と費用を確認する

肘に黒ずみができる原因とは?

肘に限らず肌は摩擦や圧迫によって黒ずみができるのが特徴です。

しかし、その他にも日常生活には、肘に黒ずみを作ってしまう原因が潜んでいることがあるので、自分に心当たりがないか確認しておきましょう。

肘をつく癖がある

デスクワークをする際に、ついつい肘をついてしまっているという人はいないでしょうか。

肘をついていると、肘に摩擦や圧迫が起こり、知らないうちに黒ずみができてしまいます。

そのため、肘をつく癖のある人は、黒ずみを予防するためにも肘をつかないように注意しておきましょう。

乾燥

肘は、汗腺や皮脂腺が少ないので、乾燥しやすいのが特徴です。

>肌が乾燥する場面や季節を確認する

肌が乾燥してしまうと、紫外線や摩擦ダメージを受けて黒ずみができるので、肘も顔と同じく習慣的に保湿をしておくと良いでしょう。

>黒ずみの保湿に使える安くてコスパの良い商品を確認する

紫外線

外出時の紫外線は、肌の細胞を破壊するほどのダメージがあり、黒ずみの原因となるメラニンを生成しやすくしてしまいます。

>黒ずみとメラニンの関係について確認する

そのため、肘も顔と同じように紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

肘の黒ずみを綺麗にする対処法とは?

上記の通り、肘に黒ずみができる原因はたくさんのことが挙げられます。

また、1度できた黒ずみは短期間で解消するのが難しいので、普段からいかにケアができているかが重要になってくるのです。

これから、自宅でも簡単にできる肘の黒ずみケア方法を紹介します。

重曹で角質除去

重曹で肘の黒ずみケアを行うときは、食用の粒子が少ないものを使用しましょう。

また、重曹はスーパーでも購入することができ、価格も安いので自宅でのケアにおすすめです。

この重曹で肘の黒ずみをケアする場合は、重曹大さじ1杯をぬるま湯小さじ1に混ぜて、黒ずみの気になる肘部分を中心に優しくマッサージするだけでOKです。

そうすることで、肘に蓄積された古い角質や汚れを除去することができますが、重曹の黒ずみケアを毎日行うと肌に負担がかかってしまうので、多くても1週間に1度の頻度にしておきましょう。

スクラブ

スクラブでも、肘の黒ずみの原因となる古い角質を除去することが可能です。

また、ピーリングよりも低刺激なので、敏感肌の人はスクラブを使用すると良いでしょう。

市販のスクラブを使用するのもおすすめですが、コストを抑えたい人は自分でスクラブを作ってみるのもおすすめです。

>スクラブで有名な商品を確認する

肘の黒ずみは皮膚科でも治療できるの?

肘の黒ずみを自宅でケアをしてもなかなか解消されないこともありますが、より早く改善したい場合は、皮膚科や美容外科を利用するのも1つの方法です。

しかし、治療で使用するハイドロキノンは、保険適用外になるので費用がかかるのがデメリットとなるでしょう。

市販でもハイドロキノン配合の美白クリームがありますが、皮膚科で処方してもらった薬の方が、効果が高く短期間で黒ずみを解消することができます。

このように皮膚科を利用して黒ずみを解消する場合には、メリット・デメリットがあるため、まずは肘の黒ずみ対処法を試してから皮膚科に相談するのがおすすめです。

>皮膚科が黒ずみ治療に行う施術と費用について確認する