首の黒ずみは肌が老化している証拠!?

年齢がでやすいと言われる首は、加齢によって黒ずみが発生しやすい場所です。

女性は、顔のスキンケアを念入りにする人が多いのですが、顔と繋がっている首の肌は意外とケアを怠ってしまいがちなパーツです。

そもそも首は汗腺が少ない箇所ですが、何もケアしていないと皮脂によって黒ずみができてしまいます。

皮膚に黒ずみが1度できてしまうと改善するのに時間がかかりますので、これからは首に起こる黒ずみの原因や治し方について詳しく解説します。

首にできる黒ずみの原因とは?

まずは首にできる黒ずみの原因を把握して、黒ずみの予防をしていきましょう。

紫外線対策

首は紫外線を浴びることでメラニンが生成され、黒ずみが発生してしまいます。

首は、自分から見えない部分ですが、顔と同じように紫外線対策をしっかりと行わないとダメージを受けてしまうので注意しておきましょう。

衣類による摩擦

小さめの服を着る人は、服の摩擦ダメージを受けるので、黒ずみができやすくなります。

冬場であれば、タートルネックやマフラーで首が衣類で覆われていることが多いのですが、静電気が起きることで肌への刺激となり、黒ずみの原因に繋がりかねません。

そのため、着用する服の素材やサイズにも注意をしておきましょう。

首のかゆみ

首にかゆみがあるときはついつい肌を搔いてしまいがちですが、搔いてしまうと黒ずみの原因となるメラニンが生成されてしまいます。

>黒ずみとメラニンの関係について確認する

さらに搔いた傷口から菌が入って症状が悪化し、首の黒ずみが濃くなるケースもあるので、かゆみがある場合は塗り薬を利用して早めに対処しておくことが大切です。

効率良く首の黒ずみを治す方法とは?

首の皮膚は他のパーツよりも薄いため、できるだけ刺激を与えないように黒ずみをケアすることが大切です。

よって、お風呂で身体を洗うときもナイロンスポンジでゴシゴシと洗うのでなく、以下の方法を使って優しく黒ずみをケアしてあげましょう。

スクラブ

首の頑固な黒ずみを効率良く解消するためには、手軽に行えるスクラブを週に1回行うのがおすすめです。

スクラブは、身体を洗うだけでは落としきれない古い角質を落とすことができ、肌のターンオーバーを正常化することができます。

そのため、肌のサイクルが整って黒ずみを解消いていくことができます。

しかし、週に何回も行うと肌への刺激となるので、週に1回のペースで行うようにしましょう。

>黒ずみを改善するスクラブについて確認する

美白クリーム

皮膚の奥にできた黒ずみは、美白クリームを使用することで、皮膚の奥の黒ずみまでアプローチすることができます。

美容外科で黒ずみの治療を行うと短期間で解消することができるのですが、費用もかかるので、市販の美白クリームを使用して自宅でケアするのがおすすめです。

>黒ずみの治療にかかる皮膚科での施術内容や値段について確認する

美白クリームは、毎日使用するものなのでできるだけ低刺激なものを選ぶようにしましょう。

→1001. 低刺激な黒ずみケア商品の総合ランキングを確認する

保湿ケア

首の黒ずみを予防・改善するためには保湿ケアが欠かせません。

保湿をすることで、肌のバリア機能を向上させることができるので、黒ずみを予防するためにも、潤いのある肌をキープしておきましょう。

>黒ずみの保湿に利用できる安くてコスパのいい商品を確認する

ビタミンC誘導体

最近では、多くのサプリや美白クリームのサポート成分としてビタミンC誘導体が配合されていますが、メラニンの生成を抑制する作用があるので、黒ずみが気になる方はビタミンC誘導体が含まれているスキンケア用品を使うことをおすすめします。

ビタミンC誘導体は、黒ずみ予防にも効果の高い成分なので、化粧品選びをする際には成分表をしっかりとチェックしておきましょう。

>ビタミンC誘導体の効果について確認する