歯に黒ずみができるって本当?

「歯が黒ずむことなんてあるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、歯の神経が死ぬと、水分が無くなり、歯が黒ずんでしまいます。

その他にも歯に黒ずみが起こる原因はありますが、歯に黒ずみができると見た目が気になり、思いっきり笑うのも躊躇してしまいますよね。

そんな歯の黒ずみを解消して見た目を良くするためにも、歯に黒ずみができる原因を把握しておきましょう。

これからは、歯に黒ずみができる原因や黒ずみを解消する方法について詳しく解説します。

歯に黒ずみができる原因とは?

歯に黒ずみができる原因は、人によって異なりますので、以下の原因から自分に当てはまるものを探っていきましょう。

歯の神経

上記の通り、歯の神経が死ぬと水分が失われるため、それが原因で歯が黒ずんでしまうことがあります。

このように神経が無い歯を白くするためには、セラミックの被せ物をするしか方法がありません。

虫歯

虫歯ができると歯の栄養素であるミネラルやリンなどが抜けてしまうので、歯に黒ずみができます。

小さな虫歯でも黒ずみができてしまうので、虫歯は放置せずに歯医者で早めに治療を行うようにしておきましょう。

また、歯に小さな黒ずみができた場合は、虫歯ができている可能性もありますので一度検診に行かれることをおすすめします。

着色・ヤニ

歯の黒ずみは、毎日の食事やタバコのヤニによっても起こる症状です。

そのため、ワインやカレーなどの色の強い食事を摂った際には、歯磨きを入念にしておきましょう。

黒い歯石

歯石は、白いものだと思っている人もいますが、歯茎の中にある歯石は黒色なので、歯周病で歯茎が下がると歯の黒ずみが見えるようになります。

よって、歯と歯茎の境目に黒ずみができた場合は、黒い歯石が原因の可能性が高いため、歯医者で歯石を除去してもらいましょう。

銀歯

虫歯の治療をして銀歯にしている人は、金属イオンが漏れて、歯に黒ずみを作ってしまうことがあります。

金属イオンは空気中の硫黄と反応するので、歯茎まで浸透して歯の黒ずみが悪化する恐れもあるのです。

歯の黒ずみを解消する方法とは?

歯の神経が死んでしまった場合は、歯にセラミックを付けることで改善することができます。

そんな原因に合わせた歯の黒ずみの解消方法を説明します。

ホワイトニング

着色・ヤニ汚れによる歯の黒ずみは、ホワイトニングをすることで改善することができます。

歯医者でホワイトニングをすることもできますが、現在ではホワイトニング効果のある歯磨き粉も販売されているので、それらを使って自宅でセルフケアを行うのも良いでしょう。

歯周病治療

歯茎の中に隠れた黒い歯石が見えるのは、歯周病になっている合図でもあるので、歯医者で歯石の除去と歯周病の治療をしてもらいましょう。

歯周病は黒ずみが悪化するだけでなく、そのまま放置していると口臭が気になったり、新たな虫歯の原因に繋がってしまいますので、歯医者で適切な治療を受けることが大切です。

レーザー虫歯診断

歯の中で虫歯が進行することで歯に黒ずみができた際には、レーザー虫歯診断器のある歯医者で確認してもらいましょう。

そして、虫歯がある場合はすぐに治療を行い、虫歯による黒ずみの進行を止めておくことが大切です。

まとめ

歯にできる黒ずみは、歯や歯茎に異常があることが多いので、歯医者で診断してもらうことをおすすめします。

毎日の食事による着色汚れによって歯に黒ずみができた場合は、市販のホワイトニング商品でケアしてあげることも大切です。

自分の黒ずみの原因から対処法を見つけて、真っ白な綺麗な歯を取り戻しましょう!