鼻にできる黒ずみとは?

顔のパーツの中でも鼻は毛穴が多く、皮脂や角質が溜まりやすい場所です。

そのため、黒ずみができても悪化しやすく、いちご鼻で悩んでいる人も多いかと思います。

そもそも肌は毛穴があることで、バリア機能やデトックス機能を果たすことができているのですが、毛穴は皮脂が詰まると黒ずみを生む原因になるので注意が必要です。

これからは、多くの人が悩む「鼻の黒ずみ」の原因や対処法について詳しく解説します。

鼻に黒ずみができる原因とは?

顔の中でも毛穴が密集している鼻は、黒ずみができやすいのが特徴です。

さらに、年齢と共に肌の水分量が減少すると毛穴の形が変わるため、それが原因で鼻に黒ずみができてしまうことも少なくありません。

紫外線

紫外線を浴びると、メラニンが生成されて毛穴周りに色素沈着を引き起こします。

特に毛穴周りはメラニン色素が多く、紫外線ダメージを受けやすいので、鼻に黒ずみができる大きな原因のひとつです。

>黒ずみとメラニンの関係を確認する

皮脂・汚れ

鼻は、皮脂の分泌量が多いので、毛穴に皮脂が詰まって黒ずみが発生する場合がほとんどです。

また、皮脂の過剰分泌は、肌のターンオーバー機能も低下させてしまうため、黒ずみが改善しにくくなるのです。

そして女性の場合は、メイクの洗い残しが鼻の黒ずみに大きく関係しています。

メイクを落とすときは、念入りに洗い流すことを意識し、汚れを鼻に蓄積しないようにしておきましょう。

毛穴の広がり

肌が乾燥しやすい人は、毛穴が広がりやすく、皮脂を過剰に分泌してしまいます。

毛穴は、加齢によって肌の弾力が無くなることで広がってしまうので、毛穴詰まりを予防するためにも毛穴を引き締めることが大切です。

角栓

角栓は、放置すると酸化によって黒い角栓になり、それが鼻の黒ずみに繋がってしまいます。

角栓ができる原因は、古い角質や皮脂の毛穴詰まりによるものなので、角栓を予防するために余分な皮脂を除去しておくことが大切です。

> 角栓による黒ずみについて詳しく確認する

鼻の黒ずみを解消するセルフケアのやり方

鼻にできた黒ずみを改善しようとケアをしても、すぐに黒ずみができるという人も多いかと思います。

鼻の黒ずみの原因となる角栓は、毛穴パックを使用することで一時的に除去することができますが、角栓ができないように対処しなければ、何の意味もありません。

よって、鼻の黒ずみを解消するために、正しい対処法を紹介します。

鼻の毛穴を綺麗に洗浄

上記の通り、鼻の角栓は、毛穴パックで簡単に除去することができますが、一時的なものなので、あまりおすすめできません。

まず自宅で鼻の黒ずみケアを行うには、蒸しタオルと洗顔があればOKです。

鼻の毛穴を洗う前に、蒸しタオルで毛穴を開いておくことで、皮膚が柔らかくなり、角栓や汚れを落としやすくなります。

そして蒸しタオルをした後は、いつも通り洗顔を行いますが、洗顔料を肌に付けるときは、しっかりと泡立ててから使用することが重要です。

そのまま洗顔料を肌に付けると刺激が強すぎて肌が余計に乾燥してしまうので、注意をしておきましょう。

肌の保湿

洗顔後は肌が乾燥しやすいので、バリア機能を高めるためにも保湿はしっかりと行いましょう。

保湿をすることで、紫外線や摩擦によるダメージを抑えて黒ずみが発生するのを予防することができます。

また、乾燥肌の人は、洗顔後だけでなくこまめに保湿するのがおすすめです。

>肌の黒ずみの保湿に効果的な安くてコスパがいい商品を確認する

鼻に黒ずみを繰り返さないための対策法

上記の通り、既にできた鼻の黒ずみは、正しいケアを毎日行うことで改善していくことができます。

しかし、鼻に黒ずみは繰り返し起こりやすい肌トラブルとなっていますので、毎日の生活の中でも、生活習慣や食生活に注意しておきましょう。

バランスのとれた食事

偏った食事を続けていると、体内の栄養バランスも乱れてしまい、皮脂の分泌量が増えて鼻に黒ずみができやすくなります。

黒ずみを予防するために、効果の高いビタミンAを豊富に含む魚や果物を食事に取り入れることが最適です。

> 黒ずみにおすすめの食べ物やレシピについて確認する

ストレスを溜め込まない

ストレスが溜まると肌トラブルも起きやすい状態になるので、十分な睡眠や気分転換を行うことも大切です。

このように、生活習慣を見直すことでも鼻の黒ずみを予防に繋がりますが、健康にも良いので、自分の生活習慣や食生活も改善しておきましょう。