顔に黒ずみができる原因とは?

顔に黒ずみができる原因は、毛穴詰まりや紫外線による色素沈着が大きく関係しています。

>黒ずみとメラニンの関係について確認する

このような顔の黒ずみは、原因に合わせたスキンケアを行うことが大切です。

また、顔の黒ずみを早く解消するために、過剰な洗顔をする人もいますが、それは逆に肌の乾燥を招いてしまい、黒ずみが濃くなることもあるので注意しておきましょう。

これからは、そんな顔の黒ずみを効率良く解消する方法を詳しく紹介します。

顔に黒ずみができたらケアはどうすればいいの?

顔の黒ずみは、頬や鼻周りにできることが多いのですが、皮脂の過剰分泌が原因の場合は、洗顔やあぶらとり紙でのスキンケアが大切です。

しかし、オイリー肌だと必ず顔に黒ずみができるということはありません。

上記の通り、ケアを全くしないのも顔に黒ずみができる原因になりますが、スキンケアのし過ぎも肌への負担になるのです。

そのため、顔に黒ずみができた際は、正しいスキンケアを習慣的に行うのが重要なポイントです。

洗顔

顔の黒ずみを除去するためには、まず洗顔で毛穴の汚れを取り除きましょう。

また、洗顔の前に蒸しタオルを顔に当て、毛穴が開いた状態で行うと汚れを落としやすくなります。

そして毎日使用する洗顔料は、刺激の少ない物を選び、肌に必要な皮脂を落とし過ぎないマイルドタイプを使用するのがおすすめです。

保湿

洗顔をした後は、肌が乾燥しやすいのでしっかりと保湿することが大切です。

肌をしっかりと保湿することで、毛穴が詰まりにくくなり、角栓による黒ずみの予防になります。

>角栓による黒ずみについて確認する

また、保湿をしておくと肌のバリア機能を自然に高めてくれるので、外部からの刺激を吸収しづらくなり、黒ずみのような肌トラブルの予防に繋がります。

美白クリーム

最近では、デリケートな顔に使用することのできる美白クリームが販売されており、皮膚の奥の黒ずみにアプローチすることで、効率良く黒ずみを解消することが可能です。

よって、顔に黒ずみができた場合は、美白成分で有名なトラネキサム酸を配合した美白クリームを使用してスキンケアを行うことをおすすめします。

トラネキサム酸は、黒ずみの原因になるメラニンの生成を抑える作用があり、既にある黒ずみを消すだけでなく、紫外線による顔の黒ずみを予防する効果も期待できます。

>トラネキサム酸を使用している代表商品を確認する

顔に黒ずみができやすい人とは?

顔に黒ずみができやすい人の特徴は、以下のことが考えられます。

  • メイクの落とし残し
  • 使っている洗顔料の洗浄力が強すぎる
  • 摩擦による刺激(マスク、小顔ローラーなど)
  • 油性タイプの化粧品を使用している

特に女性は、化粧をすることが多いかと思いますが、メイク落としをした後でもメイクの洗い残しがあることがほとんどなので、それが肌への負担となり、黒ずみができてしまう人も少なくありません。

この他にも、保湿が十分にできていない場合や、熱すぎる温度のお湯で洗っている人は、毛穴が開いて顔に黒ずみができていると言って良いでしょう。

顔の黒ずみを改善する正しい洗顔方法とは?

上記の通り、洗顔は顔の黒ずみを改善するための基本となります。

ただし、間違った洗顔方法をしていると肌の刺激となり、黒ずみを改善することができません。

よってこれからは、顔の黒ずみを改善するための正しい洗顔方法を紹介します。

洗顔方法

まずは洗顔をする前に、温めたホットタオルで毛穴を広げます。

このときにクレンジングをする場合は、オイルのものではなく、肌への刺激がより優しいジェルタイプを使用するのがおすすめです。

そして、洗顔をする前には、洗顔料をそのまま付けるのではなく、泡立ててから優しく顔を洗うようにしておきましょう。

顔の黒ずみを取るためにゴシゴシと洗ってしまうと、肌が傷つき、余計に黒ずみが悪化してしまいます。

泡の表面でしっかりと汚れを落とした後は、洗い残しがないようによく顔をすすぐことが大切です。

洗顔後のケア

洗顔後は、毛穴を引き締めるために、氷を使って顔のマッサージをするのもおすすめです。

顔の温度によって氷が溶けるので、1個の氷で顔をクルクルとマッサージをして、その後にタオルで水分を拭き取り、化粧水や美容液でしっかり保湿しておきましょう。