角栓による黒ずみとは?

角栓は、皮脂分泌の多い顔にできることが多く、毛穴に詰まった汚れが酸化することによって黒ずみができるのが特徴です。

また、角栓による黒ずみはプツプツと肌の表面に浮き出てくるため、ファンデーションでもカバーしにくくなってしまいます。

そんな厄介な角栓を除去するためには、洗顔でのスキンケアを基本に、皮脂の分泌を抑えていくことが大切です。

これからは、角栓の黒ずみを解消するための洗顔や保湿ケアについて詳しく紹介します。

角栓によって黒ずみができる原因

毛穴詰まりでできる角栓は、皮脂や古い角質によるものです。

よって角栓ができる原因は、以下のことが考えられます。

皮脂の分泌量が多い

オイリー肌の人は、皮脂の分泌量が多いので毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

そのため、皮脂が角栓となり、酸化すると黒ずみができてしまうのです。

老廃物

偏った食事をしていると血液の流れが悪くなるため、老廃物が溜まりやすくなります。

体内に溜まった老廃物が、毛穴詰まりの角栓となり、黒ずみを引き起こします。

古い角質

人は、年齢と共に古い角質は溜まりやすくなるため、古い角質が角栓となって黒ずみの原因になることがあります。

肌に角質が溜まると、肌のターンオーバー機能も低下するため、黒ずみの定着に繋がってしまうのです。

角栓によってできた黒ずみを改善する方法とは?

角栓を除去するために、ホットタオルやクレンジングオイルでケアを行う人もいますが、古い角質はホットタオルで溶かし出すことはできません。

また、クレンジングオイルで何回もマッサージをしていると、角質層が傷つき、肌を守るために角質を多く生み出すようになるため、黒ずみの改善には逆効果と考えた方が良いでしょう。

角栓ができる原因は上記の通り、人によって異なるため、自分の角栓ができた原因に合わせて対処法を試していきましょう。

基本は洗顔

角栓の黒ずみケアの基本は、毎日の洗顔です。

肌質に合った洗顔料を使用して、肌の余分な皮脂や角質を落とすことが角栓による黒ずみ予防に繋がります。

しかし、しっかり汚れを落とすためにゴシゴシと洗うと、皮脂腺を刺激してしまい皮脂の過剰分泌や肌の乾燥の原因となるので注意しておきましょう。

基本は、洗顔料の泡の表面で角質を優しく洗ってあげることが大切です。

ビタミンC誘導体を含んだスキンケア商品

ビタミンC誘導体は、皮脂分泌コントロール作用があるため、皮脂による毛穴詰まりが起こり、角栓ができるのを予防することができます。

また、ビタミンC誘導体を含んだスキンケア用品は、肌のくすみやシワにも効果があるため、肌の調子を整えるためにも役立ちます。

>ビタミンC誘導体の効果について確認する

ピーリング

ピーリングは、皮膚に溜まった古い角質を除去する効果があるので、肌のターンオーバーを正常化することができます。

そのため、角栓によってできた黒ずみを効率良く解消することが可能です。

今ではジェルやクリームのピーリング商品が販売されており、自宅で手軽にピーリングをすることができるのも魅力です。

>皮膚科や自宅で行うケミカルピーリングについて確認する

保湿ケア

顔やお尻の角栓をピーリングで除去した後は、しっかりと保湿をすることが大切です。

また、洗顔をした後も肌は乾燥しやすいので、お風呂上がりの保湿も忘れないようにしておきましょう。

保湿をすることで、皮膚を柔らかくすることができ、黒ずみが濃くなるのを予防することができます。

よって、保湿ケアをするときは、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸を配合した商品を選ぶことをおすすめします。

>セラミドの効果について確認する
>低分子ヒアルロン酸の効果について確認する

角栓の黒ずみケアするときの注意点

肌にできた角栓の黒ずみは、毎日のケアで改善することが可能です。

上記の通り、洗顔やピーリングで角栓のケアをした後には、肌が乾燥しやすいので、逆効果にならないために保湿を必ず行うようにしておきましょう。

肌は、乾燥してしまうと摩擦や圧迫などの刺激を受けやすいため、角栓の黒ずみ以外の肌トラブルに繋がってしまいます。

また、ピーリングを行うのは、2~3日に1回くらいのペースで行い、肌になるべく負担をかけないようにしておくことが重要です。

このように角栓を効率良く取り除き、黒ずみのない綺麗な肌にしていきましょう。