アトピーによる黒ずみの原因とは?

アトピーで出来る黒ずみは、肌の炎症によってメラニン色素が過剰に分泌されていることが原因です。

>黒ずみとメラニンの関係について確認する

また、アトピーで痒みが出た肌を引っ掻いてしまうと、余計に黒ずみの原因になるメラニン色素が生成されてしまいます。

よって、アトピーは肌の黒ずみを生みやすいということが言えるでしょう。

これからは、厄介なアトピーの黒ずみを治す方法と再発させないための対策について詳しく解説します。

アトピーによる黒ずみの治し方!

まず、アトピーによってできた黒ずみを綺麗に改善する方法について紹介します。

生活習慣の改善

睡眠不足が続くと肌荒れを起こしやすくなりますが、それは寝不足によって肌のターンオーバー機能が低下することが原因だと言われています。

そのため、アトピーによる黒ずみを解消するためにも、十分な睡眠を摂り、肌のターンオーバーを整えておくことが大切です。

美白に特化したスキンケア商品

アトピーの炎症で色素沈着が起こり、黒ずみの原因に繋がります。

そんな色素沈着を改善するには、美白成分を配合した化粧水やクリームを使用してケアすることがおすすめです。

美白効果の高いビタミンCやハイドロキノンを配合した化粧水を肌に浸透させることで、肌の奥の黒ずみにアプローチして効率良く黒ずみを治していくことができます。

>ハイドロキノンの効果について詳しく確認する

保湿ケア

アトピー性皮膚炎の人は、保湿ケアが重要だと言われており、肌が乾燥してしまうと摩擦や圧迫による刺激受けやすくなります。

よって、黒ずみを作らないように予防するためにも保湿ケアを行うと良いでしょう。

また、保湿はニキビや炎症の予防にも効果があるので、内側から肌の炎症を抑えることが可能です。

紫外線対策

外出時の紫外線ダメージは、黒ずみを悪化させる原因です。

アトピーによる黒ずみを抑えるためにも外出時は紫外線対策をしておきましょう。

今では、日焼け止めの種類も多いですが、自分の肌質に合ったものを使用するのがおすすめです。

肌の負担を考えるのであれば、水で洗い流せるタイプの日焼け止めを選ぶのが最適です。

アトピーによる黒ずみを悪化させないための注意点

毎日ケアをしていても黒ずみが解消されないのは、間違ったケアをしてしまっているからかもしれません。

強く洗い過ぎ

そもそもアトピーによる黒ずみは、色素沈着によって起こるものです。

しかし、黒ずみを取るために強く洗ってしまうと余計にメラニンを生成してしまい、黒ずみが悪化してしまうので注意しておきましょう。

肌を洗うときは、洗浄剤をしっかりと泡立ててから、泡の表面で優しく洗うのが基本です。

糖分の過剰摂取

甘いものが好きな女性は多いかと思いますが、糖分はアトピー性皮膚炎のかゆみを起こしやすくなってしまいます、

よって、チョコレートやケーキなどの糖分を多く含むものは控えて、糖分を抑えたお菓子や果物を食べるようにしておきましょう。

普段の食事も脂質を多く摂取してしまわないように、バランスの良い食事を心がけておくのがベストです。

腸内環境

腸内環境が悪くなると、便秘になってしまい、体内に老廃物が溜まってアトピーのような肌トラブルが起こります。

肌トラブルから黒ずみ発生させないために、食物繊維の摂取しておくことが大切です。

また、腸内環境が整うと便秘が解消されるだけはなく、美肌効果も高まります。

まとめ

アトピーによる黒ずみを治すにはある程度の期間がかかりますが、かゆみがあるときは掻かないように注意しておきましょう。

どうしてもかゆみを我慢できないときは、専門の医師に相談して薬を処方してもらうのが最適です。

アトピー性皮膚炎の人は、肌が乾燥しやすいため、こまめに肌の保湿をしてバリア機能を高めておきましょう。

保湿は、バリア機能による黒ずみの予防だけではなく、黒ずみを改善するのにも大切ですので、保湿効果のあるクリームを用意しておくと良いでしょう。

>黒ずみの保湿に有効な安くコスパがいい商品を確認する