黒ずみとメラニンの関係とは?

黒ずみは、普段刺激と圧迫を受けているお尻に発生しやすいのが特徴ですが、肌トラブルの中でも改善しにくいのが特徴です。

そんな黒ずみは、メラニンの分泌と大きく関係しており、改善や予防をするためには、知っておくべきメカニズムのひとつとなっています。

そもそもメラニンは、皮膚を保護するために分泌されるものですが、一体なぜそれが厄介な肌の黒ずみを招いてしまうのでしょうか。

これから、黒ずみとメラニンの関係性について詳しく解説します。

メラニンで黒ずみが発生するメカニズム

まず、黒ずみはメラニンが表皮に蓄積することによる「色素沈着」によって起こる症状です。

よって、黒ずみは短期間で発生するものではありませんが、その分改善に時間を要してしまいます。

これから説明するメカニズムをよく確認し、黒ずみの進行を止めておきましょう。

黒ずみはこうして発生する

紫外線や摩擦などの刺激は、表皮細胞であるケラチノサイトから情報伝達物質であるメラノサイトを傷付けてしまうことがありますが、その刺激は黒ずみの原因となるメラニンの生成を促進してしまいます。

しかしこれを聞くと、「肌は毎日のように何らかの刺激を受けるから、黒ずみを予防するのは無理なの!?」と疑問になりますよね。

これは肌のターンオーバーにきちんとしたワケがあるのです。

そもそも分泌されたメラニンは、肌のターンオーバーが正常な場合、垢となって皮膚の表面に排出されるため、黒ずみや色素沈着の原因にはなりません。

よって、肌に黒ずみや色素沈着が発生しているのであれば、そのパーツが普段から刺激や負担を受けてしまっている証拠だといえるでしょう。

また、鉄は酸化して錆びると黒くなることがありますが、これは肌も同じでメラニンの酸化は、厄介な黒ずみを発生させてしまうのです。

黒ずみの原因と治し方

上記の通り、メラニンの生成は肌に黒ずみが出来る原因となっています。

しかし、黒ずみはいくら保湿したとしても、以下のような刺激を肌が受け続けると改善できないので注意しておきましょう。

  • 長時間座ることによる圧迫や血行不良
  • 乾燥肌
  • 衣類による摩擦
  • 紫外線
  • 洗いすぎ

>お尻に黒ずみが出来る原因を詳しく確認する

よって、黒ずみはなるべく肌の刺激を与えないように対策をしつつ保湿を行うことが大切です。

また、黒ずみを早く治したいという方は、費用が高くなりますが、皮膚科でも治療してもらえるので、受診されることをおすすめします。

>皮膚科でお尻の黒ずみを治療する場合の値段を確認する

ただし、皮膚科の治療後も黒ずみは再発しやすい肌トラブルなので、毎日のスキンケアは必須です。

最近では、無添加処方でデリケートなお尻から全身に渡って使用できる黒ずみケア商品が多く販売されていますので、それらを使って自宅でコストを抑えてケアするのも良いでしょう。

>家庭で出来るお尻の黒ずみを治す方法について確認する

まとめ

肌の黒ずみは上記の通り、日常生活で受けるさまざまな刺激によって起こるものですが、いずれにせよメラニンの色素沈着が原因となっています。

よって、黒ずみが発生した場合は、自分に合った治し方で根気よく肌を生成していくことが大切です。