医薬部外品と医薬品には大きな違いが!?

よく化粧品やスキンケア用品には、医薬品、医薬部外品、薬用などと表記されていますが、皆さんはそれらの違いを知っているでしょうか。

いずれも聞くと、「質の高い商品なのかな」と連想するという方が多いかと思いますが、実はそれらは薬事法で定められた違いで分類されています。

簡単に説明すると医薬部外品と医薬品は、使う目的や配合されている成分の効果に違いがあり、症状によって選び方を変えられるようになっているのが特徴です。

これからは、スキンケア商品を正しく選ぶために大切な「医薬部外品と医薬品の違い」について詳しく解説します。

医薬部外品と医薬品の特徴とは?

医薬部外品と医薬品は、薬事法に沿って分けられます。

そもそもこの薬事法は、医薬品や医薬部外品の有効性および安全性を確保する目的で定められた法律です。

薬事法によると、医薬部外品と医薬品の特徴は以下のように説明できます。

医薬部外品

医薬部外品は、厚生労働省が許可している効果や効能がある成分が一定の濃度で配合されているものを指します。

よって、薬のように効果が強いものではなく、人体に対する効果や作用が穏やかで、特別な販売許可も必要ありません。

また、「薬用」と表記されているスキンケア用品は、この医薬部外品に分類され、どちらも同じ定義で考えられるのが特徴です。

医薬品

医薬品部外品と違い医薬品は、病気の治療を目的として利用する薬で、厚生労働省によって配合されている成分の効果が認可されているものを指します。

ただし医薬品といっても、病院で医師に処方される「医療用医薬品」とドラックストア等で市販される「一般用医薬品」の2種類に分けられるのが特徴です。

また、医薬品のような薬であれば、その分効果が強いので、副作用の危険性によってリスクの高い順から、「第1類医薬品」、「第2類医薬品」、「第3類医薬品」に分けられます。

医薬部外品と医薬品は結局どのような違いがあるの?

上記の通り、医薬部外品と医薬品には、それぞれの特徴からみて大きな違いがありますが、結局よく分からないという方もいますよね。

これからは、どんな製品がそれらに当てはまるのかを詳しく解説します。

医薬部外品

医薬部外品や薬用と表記されている製品は、「予防」や「衛生」を目的として開発されたもので、例を挙げると以下のようなものがあります。

  • 肌荒れを予防するスキンケア用品
  • ニキビを予防するクリーム
  • 薄毛の進行を防ぐ育毛剤
  • 健康に役立つサプリメントやビタミン剤

よく販売されている医薬部外品には、「○○を改善する」というような売り文句が使われることもありますが、医薬部外品である以上、効果に即効性は期待できないため、継続して効果を確認することが大切です。

医薬品

医薬品は、病気を治療するための薬なので、以下のようなものが挙げられます。

  • 風邪薬
  • 目薬
  • 胃腸薬
  • 保湿外用薬

このように、医薬品は医薬部外品と違い、本格的な薬剤になってくるため、薬剤師がいるドラックストアや病院でのみの購入になります。

▼医薬品を選ぶのが一番良いの?

これを見ると「医薬品の方が効果に即効性があって良いのでは?」というように考えられる方もいるかもしれませんが、症状によっては医薬品のように副作用の危険性があるものは必要としない場合もあります。

また、敏感肌の方は、医薬品の強い作用によって肌荒れを起こす場合もあるため、それぞれの目的や症状に合わせて選ぶことが大切です。

■スキンケアや肌トラブルは化粧品より医薬部外品が効果的!?

薬事法によって、医薬部外品と化粧品は違う分類になりますが、薬ほどの強い効き目は期待できないものの、化粧品より高い効果が期待できるのが医薬部外品です。

よって、以下のような軽度の肌トラブルやスキンケアが目的であれば、副作用の危険性が低い医薬部外品で、効率的に予防と改善をすることをおすすめします。

  • お尻やワキの黒ずみ
  • シミ、シワ、たるみ
  • ニキビ、ニキビ跡
  • 乾燥肌
  • 髪ダメージ

このように、効果から考えると「医薬品>医薬部外品>化粧品」となるため、それぞれの症状や目的の違いに応じて、使用する製品を選ぶようにしておきましょう。