甘草フラボノイドの効果が気になる!

皆さんは甘草フラボノイドという美白に高い効果がある成分を知っていますか?

甘草フラボノイドは、マメ科の植物である甘草の根や茎から抽出されたエキスのことで、現在では多くの化粧品に配合されています。

>甘草フラボノイドとは?

その美白効果は、ビタミンCの270倍といわれており、黒ずみやニキビに悩まされている方には特におすすめの成分です。

これからは甘草フラボノイドの効果と効能について詳しく説明していきます。

甘草フラボノイドの効果と効能

甘草フラボノイドの美容に対する効果は、以下のようなものが挙げられます。

美白効果

甘草フラボノイドの最大の魅力は、なんといってもこの優れた美白効果です。

肌はメラニン色素の分泌や蓄積によって、黒ずみやシミが表皮に出るのが特徴ですが、甘草フラボノイドはメラニンの元となるチロナーゼとTRP-2を阻害する働きがあり、黒ずみやシミのできにくい肌にしてくれます。

チロナーゼを阻害する成分は、ハイドロキノンやビタミンC誘導体も有名ですが、甘草フラボノイドのようにTRP-2まで阻害できる成分は珍しいのが特徴です。

>ハイドロキノンの効果について確認する
>ビタミンC誘導体の効果について確認する

また、甘草フラボノイドは紫外線を吸収してくれる効果もあるので、紫外線による黒ずみやシミの予防に役立ちます。

このように、甘草フラボノイドは、肌の内側からも外側からも自然の力で色素沈着の改善と予防をしてくれる優れものです。

>黒ずみの原因となる色素沈着について確認する

アンチエイジング効果

そもそも甘草フラボノイドは、ポリフェノールの一種なので、高い抗酸化作用があり、シワやくすみの原因になる酸化を予防してくれる効果があります。

鉄は酸化すると錆びて黒くなりますが、肌も酸化するとくすんだり、黒ずみが出来たりといった肌トラブルに繋がってしまうのです。

よって、老化を予防するためにも、甘草フラボノイドで肌が酸化するのを防いでおくことが重要です。

肌荒れ予防

甘草フラボノイドは、抗酸化作用に加えて、抗菌する働きがあるため、ニキビや吹き出物などの肌荒れ予防にも効果的です。

ニキビは同じ場所に出来たり治ったりを繰り返してしまう特性がありますが、再発を繰り返していると、ニキビ跡がクレーター状になって肌に黒ずみやでこぼこが出来てしまいます。

> ニキビ跡による黒ずみについて詳しく確認する

そうなる前に、甘草フラボノイドでニキビの元となるアクネ菌の繁殖を予防しておきましょう。

また、女性であれば生理前後に肌荒れが起きてしまうといった方も多いかと思いますが、それはホルモンバランスの乱れが原因となっています。

甘草フラボノイドはホルモンバランスを整える役割があるため、女性の肌荒れにも高い効果が期待できます。

まとめ

甘草フラボノイドは上記の通り、主には黒ずみ美白に効果がある成分です。

黒ずみやシミは、一度出来てしまうと改善しにくい肌トラブルとなっていますので、甘草フラボノイドで効率的に普段のスキンケアを行うことをおすすめします。