EGF(Epidermal Growth Factor)とは?

EGFとは、日本語で上皮成長因子という意味があり、アメリカの化学者が1962年に発見したのがきっかけで話題となったタンパク質です。

これは、生物の体内に元々備わっている53種類のアミノ酸から作られるタンパク質ですが、肌の細胞を整えて活性化させてくれる大切な役割を担っています。

よって、美容にも優れた効果を期待できるため、現在では日本の化粧品にもサポート成分として使用されています。

そんなEGFの副作用や代表商品について、これから詳しく紹介します。

EGFの特徴とは?

EGFは発見された当時、1gで8千万円の値段が付けられるほど高い価値があり、私たちの生活の身近には無いものでした。

しかし、現在ではEGFを生産する技術も進歩したため、化粧品に利用されるまで身近な成分となったのです。

EGFの美容効果は以下のようなものが挙げられます。

  • 美白効果(黒ずみ、シミ、ニキビ跡の改善)
  • アンチエイジング効果(シワ、たるみ改善)
  • 保湿効果(コラーゲンの生成を促進)

>EGFの効果のメカニズムについて詳しく確認する

また、アメリカの臨床試験データを確認したところ、50歳を超える年齢でも、EGFによって新しい肌細胞が成長したという結果もあります。

よって、若い世代の美白から大人世代のアンチエイジングまで、幅広く活用できるのがEGFの魅力です。

市販の形状

EGFは、化粧水からローション、そして美容クリームまで、美容業界で幅広い形状で市販されています。

EGFで考えられる副作用の危険性

EGFは新しい肌細胞の成長や増殖に効果がある成分ですが、「その分副作用の危険性も高いのでは?」と心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。

そもそもEGFは、確かに肌細胞の生成を促進してくれますが、人間の唾液や母乳に含まれているタンパク質のひとつなので、塗りすぎたからといって肌細胞が増えすぎることはありません。

よって、副作用の危険性は非常に低いため、EGFは敏感肌の方でも安心して使用できるのが特徴です。

どうしてもEGFの副作用が不安な場合は、第三者認定機関が作成した認定ガイドラインの基準を満たしている製品の証拠である、「認定マーク」が付いている化粧品を選ぶと良いでしょう。

EGFを使用している3つの代表商品

日本の化粧品でEGFを配合している場合は、成分表に「ヒトオリゴペプチド-1」という名称で表記されているのが特徴です。

これからは、EGFを使用している3つの代表的な商品を紹介するので、肌の黒ずみやくすみが気になる方はチェックしてみて下さいね。

フェアリームーン

フェアリームーンは、お尻の黒ずみ改善に特化した美白ジェル商品で、EGFやフラーレンなどの話題の黒ずみ有効成分を配合しています。

フラーレンは、EGFと同じくノーベル賞を受賞した成分で、黒ずみやくすみの美白効果が認められているのが特徴です。

>フラーレンの効果について詳しく確認する

そんな贅沢な2種類の黒ずみ有効成分を配合しているフェアリームーンですが、無添加なのでお尻以外の身体全体の肌に使用することができます。

>フェアリームーンの口コミを確認する

MUNOAGE アイクリーム

EGFを使用しているMUNOAGEのアイクリームは、目元のシワ、たるみ、くま、まぶたのくぼみ、ほうれい線のために開発された美容液です。

人間は目で印象が変わるといわれていますが、口元と同じく目元は年齢が出やすい箇所でもあるので、日頃からケアしておきたいところです。

このアイクリームは、上記のフェアリームーンと同様に無添加処方なので、乾燥肌の方や敏感肌の方にもおすすめできるEGF商品となっています。

イーオイルプラスAR

イーオイルプラスARは、EGFの原液を配合しているオイルで、朝は化粧下地、夜はマッサージに使用できるのが特徴です。

界面活性剤不使用の無添加オーガニックオイルなので、敏感肌の方でも身体全身のマッサージに利用できます。

オーガニックなのに、美容液、乳液、クリームの3役をこれひとつでこなしてくれることから、2015年には楽天ランキング1位を獲得したこともある商品となっています。

乾燥肌が気になり、エイジングケアをしたいという方は、このイーオイルプラスARに含まれるEGFでしっかりとスキンケアをしてあげましょう。