ビタミンC誘導体(Vitamin C derivatives)とは?

ビタミンC誘導体は、以下のようなビタミンCのさまざまな欠点を改良した成分です。

  • 浸透力が低い
  • 空気に触れると酸化しやすい
  • 水に溶かすと活性を失う
  • 紫外線ダメージに弱い

よって、肌トラブルに悩まされている方は、浸透力と効果が持続しやすいビタミンC誘導体で肌をケアしておくことが重要です。

>ビタミンC誘導体の効果について詳しく確認する

これからはビタミンC誘導体の副作用と代表商品を紹介します。

種類別にみたビタミンC誘導体の特徴とは?

ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンC誘導体、脂溶性ビタミンC誘導体、進化型ビタミンC誘導体の3種類に分けられます。

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体は、肌への浸透力を高めて効果に即効性を出すように改良されているのが1番の特徴です。

成分表示名

リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチル

市販の形状

浸透力が高い水溶性ビタミンC誘導体は、美容液や化粧水などの液体タイプの肌ケアアイテムに配合されることがほとんどです。

脂溶性ビタミンC誘導体

脂溶性ビタミンC誘導体は、黒ずみの原因となるメラニンの生成を阻害し、肌の代謝能力を高めるように改良されているのが特徴です。

成分表示名

ステアリン酸アスコビル、テトラヘキシルデカン酸アスコビル

市販の形状

黒ずみの改善に効く脂溶性ビタミンC誘導体は、オイルに混ざりやすい特徴があるので、ジェルやクリームタイプの化粧品に配合されることが多い成分です。

進化型ビタミンC誘導体

進化型ビタミンC誘導体は、コラーゲンの生成に特化した成分なのが特徴です。

成分表示名

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)

市販の形状

保湿効果の高い進化型ビタミンC誘導体は、水にもオイルにも親和性が高いため、種類問わずさまざまな化粧品に配合されています。

ビタミンC誘導体のデメリットや副作用とは?

ビタミンC誘導体は、肌への浸透力が高いものの、保管方法を工夫しないと安定した効果が得られないので注意が必要です。

ビタミンC誘導体の保管方法

ビタミンC誘導体は紫外線に当たったり、温度が高くなると効果が失われてしまうと特徴があるため、冷蔵庫で保管することが大切です。

もちろん、保管方法は配合されている化粧品によって変わってきますが、ビタミンC誘導体の性質を考えると、やはり常温で保存するよりは冷蔵庫で保存する方が良いに越したことはありません。

ビタミンC誘導体の副作用

ビタミンC誘導体は、濃度によっても変わりますが、肌に塗ることでピリピリした痛みや痒みが出ることがあります。

そもそもビタミンC誘導体は、皮脂の分泌を抑制する効果があるので、乾燥肌や敏感肌の方は低濃度の化粧品を使用した方が良いでしょう。

よって、ビタミンC誘導体を使用した後には、他の保湿クリームでしっかりと肌の乾燥を予防して逆効果にならないようにしておくことが重要です。

また、上記のように塗った箇所に痛みや痒みなどの違和感がある場合は、すぐに使用を中止して悪化しないようにしておきましょう。

ビタミンC誘導体を使用している代表商品

次に、ビタミンC誘導体を配合している代表商品を紹介します。

VC100エッセンスローション

VC100エッセンスローションは、大手ドクターシーラボが開発した化粧水です。

メーカーによると、「100倍浸透型ビタミンC誘導体を200%配合している」とのことで、美容液のように濃厚な化粧水となっています。

また、香りも柑橘系な爽やかなので、付けた後のさっぱり感も抜群です。

クレアフォート

クレアフォートは、お尻の黒ずみに効くことで話題の美白クリームで、ビタミンC誘導体が贅沢に配合されています。

また、生コラーゲンやトリプルヒアルロン酸が配合されているため、ビタミンC誘導体によって乾燥肌が悪化してしまう心配もありません。

お尻の黒ずみは、日常生活で起こる外部からの刺激が主な原因となっていますので、悪化する前にクレアフォートでしっかりとケアしておきましょう。

>お尻の黒ずみの原因を確認する
>クレアフォートの口コミを確認する

ナールスユニバ

ナールスユニバは、ビタミンC誘導体とビタミンA誘導体が配合されているエイジングケアクリームです。

最大の特徴は、高い浸透力と伸びの良さなので、コスパも良いとユーザーから人気の商品となっています。

最近小じわや肌のたるみが気になるという方は、ナールスユニバのビタミンC誘導体の効果で、しっかりとアンチエイジングケアをしておきましょう。

まとめ

ビタミンC誘導体は、上記の通り、種類別に特徴が異なってきますが、どれも美容には欠かせない役割を担ってくれるので、日頃から使用して健康な肌を維持しておくことが大切です。

また、現在ではビタミンC誘導体を配合した商品が数多く市販されているため、それらを活用して毎日のスキンケアを行うことをおすすめします。