L-システイン(L-cysteine)とは一体何?

L-システインは、皮膚、髪の毛、爪、肌の細胞を作るために元々人間の体内に備わっているアミノ酸のひとつです。

L-システインのようなアミノ酸は、普段の食事から摂取するものですが、直接摂取するのがとても難しいため、不足しやすいのが特徴です。

このことから、現在ではL-システインを使用しているたくさんの美容ケア商品が存在します。

これから、L-システインの商品を安全に使用するために、副作用や代表商品について詳しく解説します。

L-システインの特徴とは?

L-システインは、主に肌の代謝を高める役割を担っているため、以下のような効果が期待できます。

  • 美白効果(黒ずみ、シミ、くすみの改善)
  • 新たな肌の生成効果
  • コラーゲンの生成を手助けする
  • ニキビ跡の改善と予防

このようにL-システインは美容に嬉しいたくさんの効果があることから、「美白の栄養素」と呼ばれているのが特徴です。

>L-システインの効果について詳しく確認する

しかし、食べ物からL-システインを摂取するのは非常に困難となってくるので、毎日の食生活を心がけても不足してしまうのが現状です。

市販の形状

L-システインは、上記の通りたくさんの効果がありますが、食べ物では補い切れない欠点があるため、薬やサプリメント、そして化粧品やパック商品まで幅広く使用されています。

L-システインに副作用の危険性はあるの?

L-システインは、人間の体内に元々備わっているアミノ酸のひとつなので、副作用が起きることはほとんどありません。

ただし、L-システインを凝縮したサプリなどを過剰摂取した場合は、体調のバランスが乱れてしまう可能性も考えられるため注意しておきましょう。

また、L-システインは非常に高い美白効果があるため、過剰摂取により白髪が増えてしまうといった副作用の危険性もあるのが特徴です。

ただし、L-システインを飲んで摂取するのではなく、美容液や化粧水で肌に塗る場合は、特に副作用の危険性はありません。

どんなものでも摂りすぎは危険ですので、副作用の危険性が低いL-システインの場合であれ、用法と用量はしっかりと守って利用しましょう。

L-システインを使用している代表商品

次にL-システインが美白効果のサポート成分として配合されている代表商品を紹介します。

パラネージュ

パラネージュは、ホワイトクレイやL-システインを配合した美白効果の高いパックです。

>ホワイトクレイの効果について詳しく確認する

元々はお尻の黒ずみ解消のために開発されているパラネージュですが、無添加なので、体全身のパックに使用できます。

よってパラネージュは、「お尻やワキの黒ずみが気になるけど、乾燥肌や敏感肌で美白パックには手が出せない」なんて方にもおすすめの商品です。

>パラネージュの口コミを確認する

ビノワ 薬用ホワイトニングエッセンス

ビノワの薬用ホワイトニングエッセンスは、L-システインの吸収率を高めたL-システイン誘導体、ビタミンC誘導体、アルブチン、植物プラセンタなどを配合している美白美容液です。

>ビタミンC誘導体について詳しく確認する
>アルブチンの効果について詳しく確認する
>プラセンタの効果について詳しく確認する

これらの黒ずみ有効成分によって、肌のシミやそばかすを効率良く消してくれるので、アンチエイジングのためにはピッタリの美容液となっています。

暑くなる季節には、紫外線によって余計に肌はシミができやすくなってしまいますので、薬用ホワイトニングエッセンスでしっかりとケアしてあげましょう。

ハイチオール

テレビCMでお馴染みのハイチオールは、美白のためのL-システイン錠剤です。

このハイチオールは、美白が第一の効果として挙げられているものの、体の疲労や二日酔いを改善するといった効果もあるので、日本では幅広く使用されているのが特徴です。

ハイチオールは医薬品なため、副作用が心配になるかと思いますが、L-システインの作用はそこまで強くないので、用法と用量を守って飲めばほとんど危険性はありません。

まとめ

L-システインは、上記の通り美白に優れた成分で、健康な肌を維持するために重要な役割を担っているのが特徴です。

肌が不健康になってしまうと、黒ずみに限らず、ニキビや吹き出物などのさまざまな肌トラブルに繋がってしまうので、安全なL-システインを利用して健康で綺麗な肌を維持しておきましょう。