ハイドロキノン(hydroquinone)とは?

ハイドロキノンとは、肌の黒ずみやシミの原因であるメラニン色素の生成を抑制し、既にある肌トラブルの改善と予防をしてくれる成分です。

そんなハイドロキノンは、「肌の漂白剤」と呼ばれ、古くから皮膚科や美容外科で肌の治療に使用されています。

日本では、美白成分としてビタミンCやプラセンタの方が有名ですが、ハイドロキノンにはそれらの100倍近い美白効果があるので、現在では国内の多くの化粧品に配合されているのも特徴です。

しかし、「そこまで美白効果が強いと副作用も強いのでは?」と使う側にとっては気になってしまいますよね。

これからは、ハイドロキノンの特徴と副作用の危険性についてお話します。

ハイドロキノンの特徴とは?

ハイドロキノンは、以下のような強い効果があることから、日本では2001年まで化粧品にも使用許可は下りていませんでした。

  • そばかすの改善
  • 黒ずみの改善
  • シミや肝班の改善
  • ニキビ跡ややけど跡の改善

現在では、アメリカの美白成分で主流のハイドロキノンが、日本でも化粧品や美容クリームに使用されていますが、効果に即効性があるものではないので、長期的な目で改善していくことが大切です。

>ハイドロキノンの効果について確認する

また、生まれつきある、ほくろ、イボ、あざ、クマなどは、ハイドロキノンの効果が見られませんので注意しておきましょう。

ハイドロキノンに副作用はあるの?

ハイドロキノンは、成分的にとても強い作用があるため、以下のような副作用が起きることがあります。

  • かゆみが出る
  • ヒリヒリ痛む
  • 赤くかぶれる
  • 腫れる

よって、ハイドロキノンを使用する場合は、パッチテストを行い肌の症状を確認しておくことが重要です。

ハイドロキノンの正しい使用方法

基本的に副作用の危険性はあるものの、正しい方法で利用すれば問題はありません。

使用期限をしっかり守る

ハイドロキノンは、酸化すると美白効果が得られないばかりか、副作用が起きやすくなってしまうので、必ず使用期限を守って使用することが大切です。

塗った場所に紫外線を当てない

ハイドロキノンは強い成分があるため、塗った場所はバリア機能が一時的に弱まってしまいます。

よって、塗った箇所は紫外線や外部からの刺激が吸収されやすくなり、余計に黒ずみやシミが悪化してしまう恐れがあるので、ハイドロキノンは就寝前に塗るか、衣類等でしっかりと対策しておかなければなりません。

効果が出たら使用を中止する

美容液は、継続することが大切だと言われる商品がほとんどですが、ハイドロキノンは上記の通り、バリア機能の低下を招く成分なので、使用し続けるとトラブルがおきやすい肌になってしまいます。

ハイドロキノンで黒ずみやシミなどの肌の悩みを改善したら、とりあえず使用を中止し、肌の防御力を元に戻してあげましょう。

手で直接塗らない

ハイドロキノンは、あくまでも美白したい箇所に塗るものとなっていますので、塗る場合は指でぬらず、綿棒で少量ずつ黒ずみやシミの気になる箇所に塗ることが大切です・

ハイドロキノンの市販の形状と使用している代表商品

ハイドロキノンは、クリーム状になっているものが主な市販の形状となっています。

ハイドロキノンを使用している代表商品

ブライトニングクリスタル

ブライトニングクリスタルは、東京銀座スキンケアクリニックが監修して作られた美白クリームとなっています。

ハイドロキノンの配合量も5%と贅沢に使用されているため、肌のシミや黒ずみが気になる方にはピッタリの商品です。

また、ハイドロキノンが配合されている美白クリームといっても、特殊技術によって常温でも3ヶ月ほど保管をすることができるので安心です。

オバジHQブライトニングナイトセラム

オバジは、他の美容液商品も人気が高いことで有名ですが、ハイドロキノンに特化したオバジHQブライトニングナイトセラムという商品も販売されています。

ナイトセラムという名の通り、夜用の美容液となっていますが、朝と夜に塗る必要が無いので、その分お手入れしやすいのが魅力です。

この美容液は、ハイドロキノンの美白成分と天然由来の保湿成分が一緒に配合されていますので、乾燥肌の方にもおすすめです。

QuSomeホワイトクリーム1.9

QuSomeホワイトクリーム1.9は、敏感肌の方でも使用できる刺激の少ないハイドロキノンクリームとなっています。

ハイドロキノンは、浸透力が低いというデメリットがあるものの、このホワイトクリームは独自開発によって角質層まで浸透させられるのが特徴です。

さらに、肌に強い成分となるハイドロキノンを1.9%に配合量を抑えているので、敏感肌の方が使用できるのですが、独自技術で4%の配合量までの効果を発揮してくれるという優れものです。

このように、ハイドロキノンを使用した代表商品はいくつかありますが、どれも特性が違うので、自分の肌トラブルの症状や肌の状態に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。