トレチノイン(tretinoin)とは一体何なの?

トレチノインとは、ビタミンA誘導体の一種で、高い美白効果があることで有名です。

従来の美白成分は、肌の表皮には届くものの、肌内部の真皮層にまで届けるのは難しく、黒ずみやシミは対策しづらい肌トラブルとなっていたのです。

その一方でトレチノインは、成分の性質上、肌の真皮層にまで届くため、黒ずみやシミには優れた美白効果を発揮してくれます。

そんなトレチノインについて、これから副作用も踏まえて詳しく解説します。

トレチノインの特徴とは?

トレチノインは、上記の通り、今までになかった高い美白効果があることで有名な成分ですが、それは以下の美容に嬉しいたくさんの効果があることが、その理由になっています。

  • 皮脂の分泌量を抑制して正常化
  • ターンオーバーの促進効果(新しい肌の生成を手助け)
  • 肌のハリやツヤをアップする効果
  • ピーリング効果(古い角質を除去)

>トレチノインの効果について詳しく確認する

また、トレチノインはビタミンA誘導体なので、ビタミンAの約100倍から300倍の効果が期待できるのが特徴です。

しかし、トレチノインは国内で認可されていない薬なので、皮膚科で処方してもらう場合でも、保険は適用されませんので、注意しておきましょう。

トレチノインに副作用はあるの?

次に、気になるトレチノインの副作用について解説します。

トレチノインの副作用症状

トレチノインは、人間の体内に元々あるものなので、比較的安全性の高い成分とされていますが、以下のような副作用が出るケースがあります。

  • 肌が赤くなる
  • ピーリング効果によって、皮膚の表面がむける
  • 肌に痛みがでる
  • 肌にかゆみがでる
  • 黒ずみやニキビが酷くなる

これを見て、「え!黒ずみやニキビを治すための成分が、逆に悪化させてしまうの!?」と驚いた方もいるかもしれませんが、これには以下の2つの原因が考えられます。

  • 肌の表面にある古くて余分な角質が除去されて、外部からの刺激を受けやすくなった
  • 黒ずみの原因の元が皮膚の外に出され、それが雑菌の繁殖を招いた

初めて利用する人は副作用がでる可能性が高い

トレチノインは医療現場でも実際に使用されるほど効果が高い成分となっているので、初めて利用するという方は、多少の副作用は仕方ないと考えた方が良いでしょう。

肌にかゆみが出たり、表皮がむけたりするのは、トレチノインが肌に効いている証拠です。

トレチノインは何度も言う通り、人間の体内に元々備わっているものなので、体に悪い成分ではありません。

ただし、以下のような症状が出た場合は、使用をすぐに中止し、医師に相談しておきましょう。

  • 出血する
  • 湿疹や発疹が出る
  • 酷い痛みやかゆみがある
  • 目が充血したり、腫れたりする
  • 肌から浸出液が出る

トレチノインの副作用はどのぐらいで出るの?

トレチノインの副作用は、塗ったものの濃度にもよりますが、大体2日~1週間で出るといわれています。

特に、妊娠中や授乳中の方は、トレチノインの効果が体に負担をかけてしまう場合もあるので、授乳後まで使用は避けておきましょう。

そして、専門医に自分の肌の状態を相談することで、トレチノインの濃度を調整してもらえるので、特に敏感肌の方は事前に知らせておくことも重要です。

トレチノインは病院でしか入手できない!?

トレチノインは、肌の黒ずみやシミに有効な成分ですが、日本では認可されていないため、個人輸入しない限りは、皮膚科や美容外科などの病院でしか購入することはできません。

よって、市販でトレチノインを使用している代表商品はなく、薬局やドラックストアでの取り扱いもありませんので、注意しておきましょう。

そもそも皮膚科では、様々な黒ずみやシミの治療法がありますが、即効性が高い分、コストが高いのがデメリットとなっています。

>お尻の黒ずみ治療にかかる皮膚科での値段と施術内容を確認する

一方でトレチノインの場合は、保険は適用外となりますが、3,000円前後から入手することができますので、そこまでコストはかかりません。

トレチノインを個人輸入するリスクとは?

トレチノインはネットで個人的に輸入することが可能です。

値段も1,000円台からあるため、手軽にトレチノインを入手できるメリットがあります。

しかし、トレチノインは劣化が早い特徴があるので、冷蔵庫で保管しなければ、効果が半減したり、副作用の可能性が高くなってしまいます。

また、個人輸入した場合は、副作用が起きても保証がありませんので、病院で専門医の監修の下処方してもらう方が安心です。

ただ、病院で以前に出してもらった薬を再度個人輸入で安く仕入れることもできるので、事前に試した製品であれば個人輸入を利用するのも良いでしょう。

まとめ

トレチノインは、黒ずみやシミ改善などの美白効果に特化した成分なのが特徴ですが、使用するには上記の通り、いくつかの注意点があります。

病院ではなく、個人輸入でトレチノインを入手される方は、輸送の際に起きるリスクも踏まえて自己責任で行いましょう。

また、病院で購入した場合も用法と用量を守って使用することが大切です。

これらを踏まえた上で、トレチノインを少量から使用し、安全に黒ずみのない美肌を手に入れましょう!