トラネキサム酸(tranexamic acid)とは?

皆さんは化粧品にもよく使われている「トラネキサム酸」という成分をご存知ですか?

トラネキサム酸とは、たんぱく質を作る必須アミノ酸リシンから人工合成されたアミノ酸のひとつで、抗炎症薬や止血剤として以前から医療現場で利用されている成分です。

そんなトラネキサム酸ですが、現在では肌への美白効果があると美容業界で注目されています。

これからは、副作用リスクを解説しつつ、トラネキサム酸を実際に使用している代表商品を紹介します。

トラネキサム酸の特徴とは?

トラネキサム酸は、黒ずみの原因となるメラニン色素の分泌を促したり、止血するために必要な血栓を溶かす「プラスミン」という成分の活動を抑制してくれるのが特徴です。

よって、トラネキサム酸はざっと以下のような効果が期待されています。

  • お尻(デリケートゾーンを含める)、ワキ、ひじ、ひざの黒ずみ改善
  • 色素沈着による肌の黒ずみ予防
  • 止血作用(生理時の出血量を減らす)
  • 抗炎症と抗アレルギー作用(口内炎、喉の痛みと腫れの改善)
  • 紫外線からのシミや肝班の改善、予防

>トラネキサム酸の効果をより詳しく確認する

このような活躍により、トラネキサム酸は2007年から一般用の医薬品として新たに効能が認められ、保険適用外ではあるものの、肌の黒ずみや肝班の治療に使われてきたのが特徴です。

トラネキサム酸は副作用があるの?

上記の通り、トラネキサム酸はさまざまな分野で活躍してくれる成分ですが、効果が高いことから、逆に副作用が心配だという方もいますよね。

結論から言うと、トラネキサム酸は安全性が高い成分なので、ほとんどの場合副作用が起きることはありませんが、稀に以下のような症状が出ることがあります。

  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 胸焼け、吐き気
  • 眠気
  • 発疹
  • 血尿

また、トラネキサム酸自体に止血作用があるため、過剰摂取すると心筋梗塞血栓静脈や脳梗塞の病気の原因にもなりかねません。

よって、妊娠中や授乳中のお母さんや、心筋梗塞、脳血栓、血栓性静脈炎などの持病を元々もっている方は、トラネキサム酸を注意して利用する必要があるのです。

ただし、これらの副作用はトラネキサム酸を摂取することで起きる可能性があるものであり、化粧品や美容クリームでトラネキサム酸を肌に塗る場合は、そこまで副作用の心配はいりません。

基本的に、用法と用量を守ってトラネキサム酸を利用すれば、副作用はめったに起こらない成分ですので、そこは理解しておきましょう。

トラネキサム酸を使用している代表商品

次に、トラネキサム酸の効果で注目されている代表商品を紹介します。

トランシーノⅡ

トランシーノⅡは、トラネキサム酸を配合しており、肝班に効くことで有名なサプリ錠です。

朝と夜の食後に2錠ずつ服用するのですが、4錠で750mgのトラネキサム酸を摂取することが出来るため、黒ずみやシミに悩まされている方にはピッタリの商品となっています。

しかし、トランシーノⅡは第1類医薬品となるため、ネット通販等で購入する場合は、薬剤師による適正使用の確認をしてもらわなければなりません。

ホスピピュア

トラネキサム酸が贅沢に配合されているホスピピュアは、お尻や乳首の黒ずみに効果がある美白クリームです。

色素沈着によって発生した肌の黒ずみは、長期にわたる日常生活の刺激から起こるものがほとんどなので、治療には時間もコストもかかります。

しかし、ホスピピュアを利用することで、トラネキサム酸がメラニンを抑制し、黒ずみを改善するだけでなく、黒ずみが今後もできにくい肌にしてくれるのです。

ホスピピュアは他にもトラネキサム酸の他にも13種類の黒ずみ有効成分が配合されていますので、お尻や乳首の黒ずみに悩んでいる方は、試してみることをおすすめします。

>ホスピピュアの口コミを確認する

コーセー ホワイトマスク(トラネキサム酸)

コーセーの美容パックは、国内でとても人気の高い商品ですが、実はトラネキサム酸に特化した美白パックも販売されています。

トラネキサム酸を配合しているので、以下の症状に悩まされているという方には特におすすめの商品です。

  • 目の下のクマ
  • 肝班
  • ニキビ跡
  • シミ
  • そばかす

これらの肌トラブルは、トラネキサム酸で美白の手助けをするだけでなく、コーセーのホワイトマスクのように保湿力も高いパックで乾燥を予防してあげることも大切です。

このように、トラネキサム酸の市販の形状は錠剤、クリーム、パックと様々なので、自分に合ったものから試してみることをおすすめします。

医療現場でも使用されている安全なトラネキサム酸で、透明感のある美白肌を目指しましょう!