ホスピピュアの副作用が気になる!

ホスピピュアは、お尻や乳首の黒ずみに効果がある美白クリームとして有名です。

しかし、美白と効くとどうしても副作用が気になってしまいますよね。

また、ホスピピュアの正しい使用場所も副作用を知るためには大切なので、これから合わせて説明します。

ホスピピュアには副作用があるの?

ホスピピュアは、以下の成分が使われていない無添加商品なので、肌に低刺激な美白クリームになっています。

  • パラベン
  • 香料
  • 着色剤
  • シリコン
  • アルコール

また、ホスピピュアは湘南美容外科が開発に携わっていることもあり、配合される黒ずみ有効成分も植物由来なのが特徴です。

>ホスピピュアの黒ずみ有効成分について詳しく確認する

口コミでの症状

上記の通り、ホスピピュアは化学添加物が配合されていないため、口コミでの症状を確認しても副作用が出たという報告はありません。

>ホスピピュアの口コミを確認する

そもそも、ホスピピュアに含まれる「トラネキサム酸」は、厚生労働省に安全で美白に効果があると認められている成分なので、お尻の黒ずみケアにも安心して利用できます。

>トラネキサム酸の効果を詳しく確認する

トラネキサム酸は本当に危険な成分じゃないの?

トラネキサム酸は、以下の症状のような副作用の可能性がある成分ですが、上記で厚生労働省が認めている安全な成分と紹介しました。

  • 胸焼け
  • 嘔吐
  • 食欲低下
  • 発疹
  • 眠気

なぜなら、トラネキサム酸は過剰摂取によって副作用の可能性がありますが、塗るだけではそこまで危険な成分ではないからです。

>トラネキサム酸の効果を詳しく確認する

特に妊娠中や授乳中の場合は、シミや黒ずみが出来やすいのが特徴ですが、肌も敏感になっていますので、授乳後までホスピピュアの使用は控えることをおすすめします。

ホスピピュアの使用場所とは?

ホスピピュアは、デリケートなお尻や乳首に塗ることのできる美白クリームですが、他にも黒ずみの気になる以下のような場所に使用できます。

  • ひじ
  • ひざ
  • ワキ
  • Vゾーン
  • くるぶし

また、ホスピピュアは低刺激の美白クリームなので、顔にも使用することが可能です。

顔の中でも、頬のそばかすや目の下のクマ改善に使用できるので、お尻以外にも美白したい場所に塗ることをおすすめします。

さらに、ホスピピュアは背中に出来やすいニキビ跡を消す効果もあるため、肌荒れしやすい方にはピッタリの美白クリームです。

まとめ

ホスピピュアは、副作用の心配がない自然由来の低刺激クリームなので、全身に使用することができます。

しかし、肌質は人によってそれぞれ異なってきますので、不安な方は成分表を元に医師に相談をするのも良いでしょう。

>ホスピピュアの主成分について詳しく確認する