クレアフォートの副作用が心配…

お尻やワキの黒ずみケアに使用するクレアフォートは、黒ずみの気になるデリケートなお尻やワキに塗るものなので、副作用については気になるという方がほとんどかと思います。

実際のユーザーからの評価が高いクレアフォートですが、体質によっては合わない可能性もありますので、これから説明する詳細を購入前によく確認しておきましょう。

クレアフォートに副作用はあるの?

クレアフォートは安全性を確認するために、100人にアレルギーパッチテスト行っていますが、アレルギー反応が出た人はいなかったという結果があります。

そのため、安全性が高く、副作用が起こる可能性は低い美白クリームといって良いでしょう。

特に敏感肌や乾燥肌の人の場合、化粧品のような肌ケア商品によってかゆみが起こってしまうこともありますが、クレアフォートは今まで使用された方からの副作用の報告もありません。

また、副作用が心配な方に向けて、クレアフォートは初回購入に限り、120日間の返金保証が付いているのも特徴です。

>クレアフォートの返金保証について確認する

危険な成分は配合されていない?

クレアフォートは、お尻やワキの黒ずみに有効な19種類もの美容成分を配合していますが、その98%が天然由来成分を使用しています。

>クレアフォートの黒ずみ有効成分について確認する

また、クレアフォートは、肌トラブルが起こる原因となる以下の成分を配合していません。

  • アルコール
  • 香料
  • 合成着色料
  • 鉱物油
  • パラベン

これらの成分を配合せず、無添加処方で作られているからこそ、副作用のリスクは低くなっているのです。

クレアフォートの使用場所とは?

上記の通り、クレアフォートは低刺激でデリケートなお尻やワキに使用することができますが、その他にも顔、ひざ、ひじなどの身体全体のケアに使用することができます。

そのため、使用場所は自分の黒ずみや乾燥の気になる場所に適量を塗るようにしておけばOKです。

もし、副作用のような症状が起こった際には、購入から120日間であれば、返金保証を利用することができますので、損をする心配もありません。

>クレアフォートの返金保証について確認する

クレアフォートはアトピー肌の人でも使用できるの?

クレアフォートのパッチテストでは、敏感肌の人も酸化していますが、肌荒れを起こした人は0人です。

しかし、アトピー肌の人に問題ないかは記載されておらず、不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。

実際のところ、クレアフォートに配合されているビサボロールは、アトピー肌に有効な抗炎症作用や抗菌作用があり、保湿効果も高いので、アトピー肌の方にはむしろおすすめの美白クリームとなっています。

>ビサボロールの効果について詳しく確認する

多くの美容成分を配合しているクレアフォートですが、クレアフォートに配合されている成分の中にアレルギー反応が出るものはありません。

よって、クレアフォートは副作用の心配がなく、毎日安心して使用することができるので、お尻やワキの黒ずみ対策にはおすすめです。