薬用アットベリーの黒ずみ有効成分が凄い!

薬用アットベリーは、お尻の黒ずみや二の腕のブツブツなどの改善に効果のあるジェルです。

しかし、黒ずみ有効成分はどんなものなのか分からないという方もいるかと思います。

これから薬用アットベリーを購入しようと思っている人のために、薬用アットベリーの黒ずみ有効成分について詳しく説明していきます。

薬用アットベリーの黒ずみ有効成分はどれ?

薬用アットベリーの黒ずみ有効成分と言われている主成分は、以下の3種類あります。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、数ある成分の中でも美白効果が高く、お尻の黒ずみを改善することができます。

>ハイドロキノンの効果を確認する

よって、比較的他の成分よりも短期間で効果を実感することができますが、体質によっては肌に合わない場合もありますので注意しておきましょう。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、黒ずみやシミ対策になる飲み薬に配合されている人工アミノ酸です。

また、低刺激なので、今では多くの美白化粧品に使用されています。

>トラネキサム酸の効果を詳しく確認する

プラセンタ

薬用アットベリーのお尻の黒ずみに有効な主成分は、この「プラセンタ」という成分です。

プラセンタは、メディアでも耳にすることが多い成分ですが、安全性が高く、肌のターンオーバーを正常化する働きがあるため、お尻の黒ずみを効率良く改善していくことができます。

ただし、低刺激で安心して使用できますが、効果に即効性はないので使い続けることが大切です。

>プラセンタの効果を詳しく確認する

薬用アットベリーの成分から分かる効果とは?

次に薬用アットベリーの効果別に、なぜお尻の肌ケアに有効なのかを解説します。

美白成分

薬用アットベリーには、美白成分として下の5種類が配合されています。

これらの黒ずみ有効成分によって、お尻の黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑え、肌のトーンを明るくする効果を期待することができます。

また、トウキエキスには抗炎症作用があり、肌の炎症を解消することができるため、ニキビ予防に繋がるのです。

消臭成分

薬用アットベリーには、蒸れやすいお尻やワキの嫌な臭いを解消する消臭効果もあります。

そんな消臭効果のある成分には、クワエキスや天然ビタミンEがあり、活性酸素を抑えて黒ずみ改善に重要な皮膚のターンオーバーを正常化することもできる成分です。

また、クワエキスは、優れた抗菌作用がありますので、ワキに塗ることで汗の嫌な臭いを消すことができます。

保湿成分

薬用アットベリーの口コミでも、「保湿効果が高い」という声が多いのですが、それには配合されている6種類の保湿成分が関係しています。

>薬用アットベリーの口コミについて確認する

それらは、下の6種類の成分です。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • アラントイン
  • トレハロース
  • ヒアルロン酸

>セラミドの効果について確認する
>低分子ヒアルロン酸について確認する

これらの保湿成分は、耳にすることも多い有名な成分になりますが、紫外線ダメージ、肌のシワ、炎症にも効果があるのでおすすめです。