フェアリームーンの副作用が気になる!

フェアリームーンは、お尻の黒ずみやザラザラに悩む方のために開発されたお尻のジェル商品ですが、美白効果がとても高いと今注目を集めています。

しかし、美白効果が高い分、「漂白を促すような危険な成分が配合されていないの?」と副作用について少し不安になりますよね。

よって、これからはフェアリームーンに危険な成分や副作用はあるのかと使用場所についても詳しく解説します。

フェアリームーンには危険な成分が含まれているの?

フェアリームーンは、以下のようなお尻の肌に負担になる成分は一切配合されていない無添加の商品です。

  • パラベン
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • キレート剤
  • 合成色素
  • シリコン

また、フェアリームーンで副作用があったなどの報告もありませんので、安全な低刺激商品ということが分かります。

しかし、肌質や肌の状態は人それぞれで異なってくるので、副作用が一切起こらないというワケではありません。

もしもフェアリームーンをお尻に塗ることで赤みやかゆみなどの違和感がある場合は、専門医に相談するか一時的に使用を中止することが大切です。

ただし単なるかゆみは、お尻の肌が好転反応を起こしているだけの場合があるので、副作用のように症状が悪化することはないでしょう。

フェアリームーンの口コミでの症状から分かる安全性

フェアリームーンの副作用について、口コミでの症状からも詳しく調査してみました。

その調査の結果、自分のお尻に効果が見られなかったといった一部の口コミはあったものの、副作用のような症状があった等の安全性を疑う口コミは一切見受けられませんでした。

>フェアリームーンの口コミについて詳しく確認する

また、「黒ずみに効果ナシ」の口コミについては、フェアリームーンの使用期間が短かったり、黒ずみの原因からの対策が不十分だったりすることが多いので、効果を実感するためにも生活習慣を見直しておくことが大切です。

>お尻の黒ずみの原因について詳しく確認する

フェアリームーンの使用場所はお尻だけなの?

フェアリームーンは、お尻の黒ずみや肌状態を考えて開発されたものなので、お尻に特化しているジェル商品となっていますが、お尻以外の場所にも使用可能です。

何よりフェアリームーンは、副作用報告の無い低刺激な無添加商品なので、お尻以外で黒ずみが気になる、以下の部位に使用しても何の問題もありません。

  • ひじ
  • ひざ
  • かかと
  • くるぶし
  • ワキ
  • ビキニライン

よって、実際のところ「お尻に黒ずみが無いけど、ひざやひじの黒ずみを改善したい」という方にもフェアリームーンはおすすめです。

フェアリームーンの正しい保管方法

フェアリームーンは、防腐剤が使用されていないため、保管方法を間違うと成分が変わってしまう恐れがあります。

フェアリームーンの正しい保管方法として、ふたを毎回しっかりと閉める、湿気の多い場所には置かない、直射日光が当たる場所には置かないという3点が挙げられます。

また、フェアリームーンにはサフランという天然の成分が入っており、時間と共に黄色い色が薄まってきますが、色の変化は品質に関係ないので、そのまま使用してOKです。

まとめ

フェアリームーンは、品質にこだわっている商品なので、副作用の心配なくお尻の黒ずみケアをすることができます。

また、フェアリームーンは黒ずみ有効成分が98.7%で出来ているため、効果の期待もその分高く、美尻をキープするのにもおすすめです。

>フェアリームーンの黒ずみ有効成分について確認する