お尻の黒ずみの原因は身近にある!?

お尻をよく鏡で見ると「え、なんか肌の色が違う!これって黒ずみ?」と驚いた経験はないでしょうか。

お尻は自分でもチェックしづらい箇所となっていますが、日頃からダメージを受けやすいパーツなので、知らない間に黒ずみが出来ていてもおかしくはありません。

しかし、プールや温泉などで他の人に汚いお尻を見られるのは辛いですよね…

そんな厄介なお尻の悩みですが、実は身近なものがお尻に黒ずみを発生させる原因になっていますので、対策法を探す前にまずは自分の原因を突き止めてこれ以上悪化させないようにしておきましょう。

お尻に黒ずみが発生する4つの原因

それではさっそく、お尻の黒ずみの原因に多い4つを簡単に紹介します。

乾燥

黒ずみだけでなく、様々な肌トラブルの原因として1番に挙げられるのが、肌の乾燥です。

特にお尻の場合は、乾燥すると下着と擦れるだけでも強い刺激になってしまいますので、注意しておきましょう。

>お尻が乾燥する場面と黒ずみが出来る原因を詳しく確認する

また、敏感肌の方は元々の水分量が少なく、人よりも乾燥しやすい状態になっているため、普段からケアしておくことをおすすめします。

>敏感肌でも行えるお尻の黒ずみ予防法を確認する

刺激

お尻は乾燥をしているときはもちろんのこと、乾燥していない状態でも刺激を受けやすいのが特徴です。

「え、下着でずっと保護しているけど?」と思われる方も多いかもしれませんが、下着は生地やサイズが肌に合っていないと、保護ではなく刺激を与え黒ずみを悪化させてしまう原因になることも少なくありません。

>お尻の黒ずみを予防する正しい下着の選び方を確認する

また、下着だけでなく、生活で利用する自転車のサドルやボディタオルなども刺激で黒ずみを作る原因になっていますので、合わせてチェックしておくことをおすすめします。

>お尻が刺激を受ける場面と黒ずみが出来る原因を詳しく確認する

かゆみ

空気が乾燥しているときにお尻にかゆみが出るというのは、誰しもが経験したことがあるかと思いますが、実はかゆみは黒ずみの危険なサインとなっていますので、早めに改善しておくことが大切です。

特にかゆみが我慢出来ずに掻いてしまうと、肌を傷付けて細菌が繁殖し、黒ずみを悪化させる原因になります。

よってお尻のようにデリケートな肌にかゆみが出た場合は、薬局で買えるかゆみを抑制してくれる塗り薬で早めにケアをしておきましょう。

>お尻のかゆみの予防法と薬局で売っているかゆみを抑える薬を確認する

デスクワーク

お尻の黒ずみの3大原因となる、乾燥・刺激・かゆみが起こる場面が最も多いのは、デスクワークのように長時間椅子に座っている状態です

長時間座ることでお尻は体重で圧迫され、黒ずみ成分であるメラニン色素を生成してしまうのです。

>デスクワークで起こるお尻の黒ずみの原因を詳しく確認する

まとめ

上記の通り、お尻に黒ずみが出来る原因は、習慣的な身近な場所に存在するため、原因を把握し、少しでも有効な対策をしていくことが大切です。

よって、黒ずみが最近気になるという方は、生活の中で自分がどんな刺激をお尻の肌に与えてしまっているのかを見つけておきましょう。