お尻の黒ずみに自転車が関係している?

気付いたらお尻に黒ずみが発生しており、彼氏に見られるのが恥ずかしいという悩みを持つ女性も多いかと思います。

意外に見落としがちなお尻の黒ずみの原因が「自転車」です。

通勤や通学に自転車を利用する人も多いのですが、自転車に乗ることでお尻は体重で加圧され、ガタガタな道の振動がお尻への刺激となりますので、実はお尻の黒ずみに大きく関係しているのです。

お尻の黒ずみになってしまう自転車の要因についても詳しく説明していきます。

自転車でお尻に黒ずみができる原因

自転車をこぐと、どうしてもお尻とサドル振れて摩擦が起こり、体重の加圧がさらにお尻の黒ずみを悪化させてしまいます。

また、夏場になると自転車に乗っていてもお尻に汗や蒸れが起こるため、お尻に細菌が繁殖する原因にもなるのです。

そもそも自転車の乗らない人でもお尻は常に下着や衣類によって蒸れやすくなっているため、自転車に乗ると尚更黒ずみやすくなってしまいます。

>お尻の黒ずみを予防する正しい下着の選び方を確認する

よって、自転車通勤で毎日自転車を利用している人は、特にお尻の黒ずみやニキビなどのトラブルが起こりやすいため、早めの対策が必要です。

サドル用クッションで黒ずみ対策

上記の通り、自転車に乗るとどうしてもお尻への負担は大きくなります。

通常の自転車のサドルは、物によって形や柔らかさも違いますが、大体のサドルは硬くお尻が痛くなることも少なくありません。

そんな自転車によるお尻の黒ずみ対策をするために、おすすめなのがサドル用クッションです。

サドルに付けることのできるクッションなのですが、お尻への負担を軽減することができ、価格も安いものが多いのでおすすめです。

毎日通勤で数十分自転車に乗ることがある人は、お尻の黒ずみ対策のためにも使用してみると良いでしょう。

サドル用クッションを使用するだけで、デコボコな道での振動が吸収されるので、お尻への黒ずみが悪化する心配も無くなります。

自転車に乗るとお尻が擦れる!

自転車をこぐと、お尻が擦れて摩擦が起こり、黒ずみができる可能性が高くなります。

このような自転車によるお尻の擦れは、できるだけデコボコした道を避けることでも予防することができます。

自転車でのお尻の擦れは、お尻の皮膚を刺激し、メラニン色素が過剰に分泌されることによって肌のターンオーバーが低下することが原因です。

>他のお尻の黒ずみに関係する原因を確認する

肌のターンオーバーが低下することで、お尻の黒ずみが解消されにくくなり、そのまま放置していると、黒ずみが悪化する恐れもあるのです。

上記の通りに、サドル用クッションを使用するのもおすすめですが、それと一緒に下着を通気性の良いものにしたりと工夫することも大切になります。

>お尻の黒ずみ対策となる下着の選び方をチェックする

自転車で発生したお尻の黒ずみは解消できるの?

お尻に1度黒ずみができてしまうと、なかなか解消することができませんので、自転車を毎日使用する人は、黒ずみができる前に上記の対策を行うことをおすすめします。

既に自転車の擦れや蒸れなどによって、お尻に黒ずみができてしまった場合には、黒ずみが悪化して濃くならないように、入浴後に保湿をし、ケアを行うようにしましょう。

>お尻の保湿方法を確認する

入浴後は、お尻の角質も柔らかくなるので、お尻の黒ずみのケアをするのには1番良いタイミングです。

今ではお尻の黒ずみに効果のある商品が多くありますので、自転車の乗り方やサドルの対策をし、毎日のケアをすることでお尻の黒ずみも少しずつ解消していくことができます。

まとめ

健康のためにも通勤で自転車を使用する人も多いのですが、自転車に乗るとお尻に負担がかかりますので、サドル用のクッションを使用してお尻への負担を軽減するのも重要なポイントです。

その他にも自転車のサドルが高過ぎてしまうと、体重の加圧がかかりやすくなるため、自分の適した高い差にサドルを調節するようにしましょう。