下着でお尻に黒ずみが発生する!?

「下着がお尻の黒ずみの原因になるの?」と驚いた方も多いと思いますが、サイズの合っていない下着を着用しているとゴムラインで摩擦が起こりやすくなり、黒ずみが発生する原因となります。

また、パンツの素材によってもお尻への刺激となることがありますので、お尻の黒ずみの予防には肌触りのチェックもしておきましょう。

何より、下着は24時間肌と密着するものなので、黒ずみになりにくいパンツ選びをすることが大切です。

下着による黒ずみについて詳しく説明していきます。

お尻の黒ずみを予防する正しい下着の選び方

下着は、季節関係なくずっと着用していることが多いので、蒸れやすく、サイズが小さいものだとゴムラインの摩擦でお尻に黒ずみが出来てしまいます。

よってそんな症状に心当たりのある方は、まず正しい下着の選び方を把握しておきましょう。

自分の合ったサイズ

下着のサイズが小さい場合、食い込みや摩擦などの刺激が起こりやすくなり、ゴムラインに黒ずみが発生します。

そのため、どんなに可愛い下着でもサイズが小さいと黒ずみの原因に繋がりますので、まずは自分に合ったサイズの下着から選ぶようにしておきましょう。

水分吸収率

長時間座ることの多い人は、お尻が蒸れることが多いかと思いますが、お尻が蒸れると皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができやすくなります。

そこから黒ずみになるということも少なくないため、吸水性の良い下着を選ぶのもおすすめです。

黒ずみ対策に下着の素材はどれが最適?

お尻の黒ずみを対策するにあたって、おすすめの下着の素材は、シルク、綿、レーヨンで、吸水性もあるので蒸れにくいのが特徴です。

さらに汗をかいたときにもすぐに蒸発しないようになっているので、お尻が乾燥するのを防ぐことができます。

そのため、下着を選ぶときは、綿やシルク100%のものを使用すると良いでしょう。

注意が必要な下着素材

注意した方が良い下着の素材は、ポリエステル、アクリル、ナイロンですが、これらは吸水性も悪く汗がすぐに乾くため、お尻が乾燥しやすくなり、黒ずみが発生する原因に繋がりますので注意しておきましょう。

その他にも冬場に役立つヒートテックも黒ずみができやすくなっています。

ヒートテックは吸湿発熱素材なので、汗を吸収すると発熱し、ポリエステルやナイロンよりも乾燥しやすいのが特徴です。

しかし、乾燥に強い人であれば、いつもお尻をサラサラに保つことができるため、ポリエステルやナイロンなどの素材の下着でも大丈夫でしょう。

このように下着の素材によって、敏感肌の人はかゆみやかぶれが起こることもあるので、自分の肌質や体質に合わせてパンツの素材も選ぶのがおすすめです。

下着のゴムラインで出来る黒ずみの対処法

太ももの付け根部分は、下着のゴムラインの摩擦によりメラニンが生成しやすいので、お尻と太ももの境目辺りの黒ずみで悩んでいる人も多いかと思います。

下着のゴムラインによる黒ずみは、日常で気にすることも少ないのですが、黒ずみができ始めたら早めに下着のサイズを見直したりして対策することが最適です。

また、お尻が乾燥していると、下着のサイズが合っていても対策にはなりませんので、保湿をしておくことも大切です。

>お尻の保湿方法を確認する

さらにパンツの場合は、ゴムラインに縫い目のあるものではなく、縫い目のない無縫製のパンツにするとゴムラインの黒ずみの原因となることが少なくなります。

女性の場合は、自分好みの可愛い下着を基準に選ぶことも多いかと思います。

下着の素材やサイズによっては、お尻の黒ずみができやすくなりますので、出かけるときの下着とは別に、家ではシルクや綿などの肌に優しい素材の下着を身に付けるようにしておくと良いでしょう。