お尻の黒ずみの原因となる肌への「刺激」

「いつまでも美尻をキープしたい」というのは誰にとっても理想ですが、毎日刺激を受ける場面が多いお尻は黒ずみやすいので、日頃のケアが大切です。

ただし、お尻が黒ずまないようにどれだけケアをしていても、その原因となる刺激を緩和しない限りは対策になりません。

よって、効率的にお尻の黒ずみを改善・対策するためにも、まずはお尻の肌トラブルの原因となる刺激について知っておきましょう。

お尻が刺激を受ける場面と黒ずみが出来る原因とは?

私たちがあまり意識していない日常生活の中でも、お尻は様々な場面で刺激を受けているのが特徴です。

下着による摩擦やムレ

1日のほとんどは下着を身に着けていますが、サイズや素材によってお尻は強い刺激を受けるため、それが黒ずみやザラザラ肌の原因になってしまいます。

特にナイロン、ポリエステル、アクリルの素材の下着は、吸水性も悪く、お尻が蒸れやすくなってしまうので、黒ずみ対策にはあまりおすすめできません。

また、サイズが合っていない下着は、食い込みによってお尻の肌を刺激してしまうため、注意しておきましょう。

>お尻の黒ずみを予防する正しい下着の選び方を確認する

どうしても現場仕事等でお尻が蒸れてしまうという場合は、肌への刺激を緩和するために、ベビーパウダーで予防するのもおすすめです。

>ベビーパウダーの効果から分かるお尻の黒ずみ対策を確認する

座ることによるお尻の圧迫

固い椅子に長時間座っていると、お尻は常に体重を支えている状態になるので、圧迫によりお尻の肌は強い刺激を受けてしまいます。

よって、座る際にはクッションや座布団を使って少しでもお尻の肌を保護することが大切です。

>お尻の黒ずみを予防するおすすめのクッションを確認する

ただし、正しい座り方が出来ていないと、クッションの効果も半減してしまうので、お尻の黒ずみ対策に自分の普段の座り方も見直しておきましょう。

>お尻の黒ずみ予防に大切な正しい座り方を確認する

自転車による刺激

自転車は毎日のように通勤や通学で利用するという方も多いかと思いますが、毎回自転車をこぐ際には、お尻とサドルで摩擦が起こるため、その刺激から肌に黒ずみが発生してしまいます。

また、摩擦だけでなく、自転車に乗ると体重によってお尻が圧迫されるので、意外と見逃せない黒ずみの原因だと言えるでしょう。

>自転車を利用する際に出来るお尻の黒ずみ対策を確認する

間違った洗い方・ボディタオルやスポンジによる刺激

お風呂でお尻を洗う際には、ボディタオルやスポンジで洗うという方も多いかと思いますが、下着と同様に、ある素材による刺激がお尻の黒ずみを発生させてしまう原因になるので、注意しておきましょう。

>お尻に黒ずみを作らないボディタオル・スポンジの選び方とお尻の洗い方を確認する

特に、ナイロン素材のボディタオルやスポンジはお尻の肌へ刺激が強く、黒ずみの原因として挙げられます。

また、垢すりで黒ずみケアを行う方もいますが、黒ずみの種類によっては逆効果になってしまいますので、自分の黒ずみは何が原因になっているのかを知っておくことが重要です。

>垢すりで改善されるお尻の黒ずみの種類を確認する

石鹸やボディソープに含まれる化学的成分

石鹸やボディソープの多くには、合成活性剤が配合されています。

しかし、合成活性剤はお尻の肌を刺激し、肌荒れや黒ずみの原因になることもあるので、しっかりと成分表を購入前に確認しておきましょう。

>デリケートなお尻に使用する石鹸・ボディソープの選び方を確認する

まとめ

このように、毎日の生活の中で、私たちのお尻は刺激を受け、それが黒ずみに繋がっています。

日常生活の中で受けてしまう肌への刺激を少しでも緩和し、普段からお尻の黒ずみ対策をしておくことが大切です。