お尻のかゆみは黒ずみの原因に!

冬場や乾燥した季節になるとお尻にかゆみが出て辛いという方はいませんか?

実はお尻に黒ずみができる原因として、このお尻のかゆみが大きく関係しています。

そもそも、肌のかゆみを我慢できずに搔いてしまうと、そこから色素沈着が起こり、黒ずみが発生してしまいます。

そのため、お尻のかゆみはなるべく掻かずに早めの予防をすることが重要です。

かゆみでお尻を掻かない方法とは?

気付いた時には、お尻がかゆくて搔いてしまっていると言う人は、お尻の黒ずみの危険性が高く、既に黒ずみができている可能性もあります。

お尻のかゆみは、肌の水分量が減少することにより、肌細胞の間に隙間ができて、そこに雑菌が入り込んでしまうことが原因です。

お尻の肌をしっかり保湿

お尻を掻かないようにするためには、肌が乾燥しないように保湿して、かゆみを緩和しておくことが大切です。

かゆみを我慢していても、寝ているときに無意識に搔いてしまうケースもありますので、掻かずに乾燥しているお尻の保湿を行うようにしましょう。

>お尻の保湿で有名な商品を確認する

かゆみが酷い場合は皮膚科を受診

また、かゆみが強いからといって搔いてしまうと、肌が炎症を起こし、皮膚を守るためにメラニンが多く生成されてしまうため、黒ずみは悪化してしまいます。

お尻のかゆみがどうしても我慢できないときには、皮膚科を受診し、炎症を抑える処方薬をもらいましょう。

>皮膚科で出されるお尻の黒ずみ治療のための処方薬の成分と値段を確認する

お尻のかゆみに保湿が大切な理由

上記の通り、お尻のかゆみは乾燥によって引き起こされますので、普段から保湿することが大切です。

肌の潤いは、バリア機能としても役立ち、肌を外部の刺激から守ることができます。

また、乾燥した肌は、刺激を受けやすいので、軽いアレルギー症状が起こり、黒ずみだけでなくかゆみの原因になることもあるため、注意しておきましょう。

保湿の他にも、着用している下着の素材やサイズを見直すことで、お尻のかゆみを緩和することが可能です。

小さいサイズの下着は、食い込みや摩擦によってかゆみが起こるので、自分のサイズに合った下着を着用し、乾燥が気になる場合は、保湿クリームや軟膏を使ってケアをすることがおすすめです。

>お尻の黒ずみを予防する正しい下着の選び方を確認する

薬局で売っているかゆみを抑える薬

お尻のかゆみで病院に行くのは恥ずかしいという女性も多いかと思います。

今では、薬局でかゆみを抑える薬が販売されていますので、お尻の黒ずみによるかゆみが辛いときには試してみて下さい。

小林製薬 オシリア軟膏

小林製薬のオシリア軟膏は、お尻や肛門の繰り返すかゆみに効果があり、切れ痔の際にも使用することのできる軟膏です。

ヒドロコルチゾン酢酸エステルが配合されており、かゆみの起こる炎症を抑え、腫れやかゆみを緩和する作用があります。

また、ベタ付きも少ないので、お尻の黒ずみ箇所にも塗りやすいのがポイントです。

池田模範堂 デリケアエムズ

デリケアエムズは、CMでも目にしたことがあるかと思いますが、デリケートな部分のかゆみを抑えるために作られた薬です。

よってデリケートなお尻にも使用することができ、汗や蒸れによっておきたかゆみを押さえる効果があります。

長時間座ることが多く、お尻のムレによるかゆみや黒ずみが気になる人におすすめです。

オロナイン軟膏

かゆみの他にも怪我をしたときに使用することの多いオロナイン軟膏ですが、かゆみやお尻の黒ずみなどにも効果があります。

さらに、ステロイドホルモンを配合していないので、デリケートな部分にも安心して使用することができます。

このように、薬局で販売しているかゆみに効く薬はたくさんありますので、自分のお尻の症状に合わせて使用することをおすすめします。