お尻の黒ずみに効果のある処方薬とは

皆さんは、自分のお尻の黒ずみを気にしたことがあるでしょうか?

そんなお尻の黒ずみを早く治すためには、皮膚科に受診し、症状にあった処方薬をもらうことがおすすめです。

しかし、皮膚科の処方薬には、どのような成分が配合されているのか気になる人も多いかと思います。

よって、皮膚科で処方される処方薬について詳しく解説していきます。

皮膚科で処方される塗り薬の成分

自宅でのセルフケアだけではお尻の黒ずみが治らないという人は、専門の皮膚科を受診することがおすすめです。

皮膚科で行われるお尻の黒ずみの治療は、基本的に塗り薬が最初に処方薬として出されます。

処方薬の塗り薬成分

トレチノイン

処方薬の塗り薬に配合されている成分は、トレチノインと言い、皮膚の表面に溜まった古い角質を剥がす効果があります。

トレチノインが溜まった古い角質を落とすことで、皮膚の奥まで成分が浸透し、黒ずみの原因であるメラニン色素の定着を予防することができるのです。

また、余分な角質を除去することにより肌の新陳代謝は向上するため、ターンオーバーが正常化して肌サイクルが整い、お尻の黒ずみ改善に繋がります。

>トレチノインの効果について詳しく確認する

ハイドロキノン

トレチノインの他に、もう1つ処方薬の塗り薬に配合されることの多い成分がハイドロキノンです。

ハイドロキノンは、メラニンを生成させるチロシナーゼの働きを妨げる効果があり、お尻の黒ずみを予防することのできる成分です。

また、処方薬の塗り薬の中でも美白効果が高く、肌の色素沈着対策にも効果があります。

ただし、このハイドロキノンは使用方法を間違えてしまうと、白斑症が起こる可能性もあるため、医師の診断の元に使用するようにしておきましょう。

> ハイドロキノンの効果について詳しく確認する

皮膚科で処方される飲み薬の成分

塗り薬に主に配合されている成分は上記の通りですが、飲み薬の場合はシナールやトラネキサム酸などが配合されています。

その他にも抗酸化作用がある成分を使用しており、身体の内側から黒ずみを解消していくことが可能です。

シナール

シナールは、パントテン酸とビタミンCを複合したビタミン剤になります。

このシナールは、ニキビや黒ずみを解消するための処方薬で、お肌の黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制することが可能です。

> 黒ずみとメラニンの関係について詳しく確認する

さらに美白効果もあるので、コラーゲンの生成を助けながら、肌のハリ効果も期待できます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は聞いたことがある人も多いかと思いますが、人工的に合成されて作られた、炎症を抑えてくれるアミノ酸のひとつです。

また近年においては、トラネキサム酸のメラニン生成抑制作用が黒ずみやシミ予防になると注目されていますが、実際に皮膚科でも処方薬として使用されることの多い成分となっています。

しかし、止血にも使用される成分でもあるため、血栓ができやすくなるリスクもあるのが現状です。

そのため、血栓に関わる脳卒中や心筋梗塞などの病気を持っている方は、トラネキサム酸の飲み薬が身体に影響しないか事前に医師と相談しておきましょう。

>トラネキサム酸の効果について詳しく確認する

皮膚科でもらう処方薬の値段

皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬は、自分のお尻の肌の症状に合わせて処方してもらうことができるため、早く黒ずみを解消することができます。

そうはいっても、皮膚科に行くと「コストが凄く掛かるのでは…」と不安になりますよね。

大体の皮膚科や美容クロニックでの処方薬の値段は、1ヶ月の処方薬で約3~5万円になると言われています。

1ヶ月分と考えると高いかもしれませんが、処方薬には保険が適用されますので、1回の処方薬の値段は約2,000~4,000円程度とそこまで高いというワケではありません。

ただし処方薬の値段は、薬の種類や量などによっても変わってきますので、事前に確認しておくことがおすすめです。

また、病院によって処方薬の値段も変わってきますので、受診する前にどこの病院が良いのかもチェックしておくと良いでしょう。

処方薬は用法・用量を守ることが重要

処方薬は、多く摂取すればその分効果があるように感じるかもしれませんが、どのような薬でも過剰摂取は危険です。

お尻の黒ずみを効率良く解消するためにも、定められた用法・用量を守って飲むようにしておきましょう。

万が一処方薬に不安があるときには、医師に相談し、納得した上で使用することをおすすめします。

皮膚科での処方薬は値段も多少掛かりますが、セルフケアより早くお尻の黒ずみを治すことができますので、なかなかお尻の黒ずみが解消されないと思う人は1度皮膚科に相談してみると良いでしょう。